お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 (PR)幸せマネー術

30代の働く女子に聞く! ズバリ、月収はいくら?

結婚や出産などで働き方が変わったりした結果、給料面でも個人差が大きくなりはじめる30代の女性。責任のあるポジションについている人も少なくありませんが、その仕事内容と給料のバランスは取れていると思っているのでしょうか? 今回は、30代女性の月収について本音を聞いてみました。

Q.あなたの月収(手取り)を教えてください。

「10万未満」6.0%
「10万以上~15万未満」11.3%
「15万以上~20万未満」33.1%
「20万以上~25万未満」27.1%
「25万以上~30万未満」13.2%
「30万以上~35万未満」7.9%
「35万以上」1.4%

15万円以上~25万円未満の方が多いようですね。続いて、現在の月収と仕事内容が見合っていると思うかどうかも聞いてみました。

■仕事内容に比べて給料が安いと思う

・「23万円。職種は同じだが、転職したら給料は下がった。大変さは変わらないので」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「18万円。目の前に座っているおじさんが、自分よりも全然ひまで毎日さぼりまくっているのに自分よりも全然お給料をもらっているのが許せない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「15万円。ある程度専門性のある仕事だし、資格もあるので、もう少し高くてもいいと思う」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

・「17万円。ノルマもきついのに、20年上の先輩も1万~2万しかお給料があがってないから」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「25万円。私よりも働いていなくともいっぱい給料をもらっている上司・先輩や、確かに私より給料は少ないが、ずっとずっと簡単な仕事をちょっとしかしない後輩や同僚がいるから。また大学の同級生の中ではとびぬけて給料が少ないと思うため」(34歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「15万円。仕事のできない総合職やウツなどで休職している人が、給与を何年ももらっているので」(34歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

ほかの人と比べて自分の給料が安いと感じている人が多いようです。会社でのキャリアが長くなるとほかの人の仕事ぶりなどもよくわかるので比べてしまうのは仕方のないことなのでしょうか。

■見合っている、適正だと思う

・「25万円。ある程度の仕事も任されているので、これくらいもらってれば文句はいえないです」(32歳/自動車関連/技術職)

・「38万円。大して業務量もなく拘束時間などあまりないのにそれなりにもらえてるから」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「20万円。契約社員なのでもっと低くてもおかしくないと思うが、専門的な知識がある程度は必要な仕事だから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「24万円。残業も多くなく、ボーナスもしっかり出ていて年齢に見合った分だけはいただいていると思う」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

勤務形態などもさまざまな30代の女性ですが、おおむね適正だと思える月収をもらえる職場で働いているようですね。専門的な資格や知識に社会人としての経験がプラスされると給料にもきちんと反映されるのかもしれません。

■仕事内容に比べて給料が高いと思う

・「30万円。福利厚生が手厚く、手取り以上の見えない給料をもらっている上、仕事は自分に合っていて楽。あまり物欲も暇もないので、給料を今まで使い切れたことがない」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「25万円。大学時代の友人より給料は高いから」(30歳/通信/事務系専門職)

・「18万円。仕事がとても楽だから」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

自分に合った仕事で人間関係のストレスなども感じない職場であれば、仕事も楽に感じるのかも。

■まとめ

半数以上の人が仕事と給料のバランスが取れているという結果になりましたが、正社員として働けないので仕方なくパートや派遣社員として働いているという人もいるようなので、勤務形態も含めて全てに満足しているわけではないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にwebアンケート。有効回答数104件(30~39歳の女性)

みんなが読んでる人気記事 (PR)幸せマネー術