お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

2人に1人のおひとりさまは「節約」をしている! 節約ポイントの2位は水道光熱費、1位は?

節約を心がけているものは何ですか?

オウチーノ総研は、 5月19日に20~39歳の未婚男女554名を対象に、「『お金』に関するアンケート調査」を行った。

【世界初!「おひとりさま専用レストラン」がアムステルダムに登場】

まず、普段から「節約」を心掛けているか尋ねたところ、53.4%が「心掛けている」と回答した。具体的に何を節約しているのか聞くと、最も多い回答は「食費」(62.5%)だった。2位が「水道光熱費」(42.9%)、3位が「通信費」(24.3%)となっている。

食費の節約については「値引き商品と、スーパーのプライベートブランドを買う」(28歳・男性)など、なるべく安い食材を購入するという意見が多かった。「水道光熱費」の節約法は、電気をこまめに消すことや、水を出しっぱなしにしないといった意見が多い。「通信費」は、「家族割引を有効利用」(37歳・男性)など、割引プランを活用した節約が最も多かった。

次に、普段「贅沢」をすることはあるか尋ねたところ、50.0%が「ある」と回答した。多かったものは「食費」(43.3%)で、「たまに高めのランチ・ディナーをする」(28歳・男性)や、「自分へのご褒美に甘いものを買う」(23歳・女性)などで、「贅沢」を味わっているようだ。

その他、「旅行・レジャー代」(27.4%)、3位が「ファッション代」(22.7%)。といった回答も多かった。「少し贅沢な宿に泊まる」(23歳・女性)、「欲しい服は我慢せずに購入」(30歳・女性)などのコメントが寄せられている。

次に、消費活動について男女別に見たところ、普段から節約を心掛けている男性は50.0%だったのに対し、女性は 56.8%、普段贅沢をする男性は42.4%だったのに対し、女性は57.6%だった。男性よりも女性の方が消費にメリハリをつけている割合が高いことが分かる。特に20代では、「贅沢をする」と回答した割合が男性は39.1%だったのに対し、女性は61.2%と、20%以上の差がみられた。

普段、贅沢をすることがあるか(男女別/20代)

散財をしてしまい、後悔をしたことはあるか尋ねたところ、26.9%が「ある」と回答した。具体的なエピソードを聞くと、圧倒的に多かったのが「衝動買い」。「クレジットカード」や、「ボーナス一括払い」を利用して、使いすぎてしまったという意見も多かった。

散財をしてしまい、後悔をしたことはあるか

(エボル)

お役立ち情報[PR]