お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「『プチプチ』は壁紙を作っていて偶然生まれた」

通称「プチプチ」といわれる気泡緩衝材は、1957年にアメリカの技術者が清掃しやすい壁紙を作ろうとしたときに偶然発明したものです。ビニールに布地の模様をつけて紙にかぶせようとしたところ、ビニール内に気泡ができたことから生まれました。

【意外と知らない知識「車のナンバーで使われていないのは『お』『ん』『し』『へ』」】

日本では「エアパック」「サンマット」「キャプロン」など、メーカーによってさまざまな名称がつけられていますが、「プチプチ」で通用するようです。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]