お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

1店舗20杯限定!ローソンから「MACHI cafeシングルオリジン」シリーズ発売

「シングルオリジン専用カップ」

ローソンは5月20日より、全国のMACHI cafe(マチカフェ)導入店舗にて、コーヒー「MACHI cafeシングルオリジン」シリーズを発売している。

【おいしい風味と一緒に、健康をサポートしてくれる「コーヒー」商品発売!】

「シングルオリジン」とは、ブレンドせずに1種類のコーヒー豆の香りや味わいを楽しむコーヒーのことをいう。生産地域や農園を世界中から選び、そのコーヒー豆の持つ特徴を引き出す焙煎方法にもこだわるため、コーヒー専門店では、「プレミアムコーヒー」という位置づけで展開されている。

同社では、5月20日に、第1弾として取組農園のイパネマ農園(ブラジル)で採れた「イパネマリザーブ」を販売した。農園の品質鑑定士が選りすぐり、通常は販売しないコーヒーを、「MACHI cafeシングルオリジン」として販売する。

5月27日からは、第2弾「ノッサ・セニョーラ農園」(ブラジル)を約1カ月の期間限定で販売。同農園は、ブラジルのカフェNo.1となった実績を持つ「オクタヴィオ・カフェ(サンパウロ)」も経営しており、品質の高いコーヒーを生産、提供することで有名だという。

以降、7月1日には第3弾を発売し、今年度は全8種類のシングルオリジンコーヒーの販売を予定している。

なお、同商品は1店舗20杯限定での販売となる。価格は216円。

お役立ち情報[PR]