お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

Boogie Board(ブギーボード)にハイスペックモデルが登場!

「Boogie Board SYNC9.7」

株式会社キングジムは、電子メモパッド「Boogie Board(以下、ブギーボード)」の新モデルを、2014年5月2日(金)に販売する。

【メモがとれない人は仕事ができない?達人に聞くメモ術の極意4つ】

ブギーボードとはアメリカのKent Displays社の子会社であるiMPROV ELECTRONICSが開発・販売している感圧式LCDの電子メモパッド。ペーパーレスでメモをとれる軽量電子ツールとして、2010年より同社が輸入販売を開始している。

今回キングジム輸入販売する「Boogie Board SYNC9.7(ブギーボード シンク9.7)」は、シリーズ内のモデルとして初めてBluetoothを搭載。専用ソフトウェアやアプリを使えば、保存したデータをパソコンやスマートフォンなどの他のデバイスに転送し、共有することが可能に。また、描画中のメモデータをリアルタイムで他のデバイスに表示する「ライブドローイング機能」の追加や、9.7インチLCDの新改良など、従来品に比べ高精度の筆記を実現しつつ、充電式のリチウムイオンバッテリーで繰り返し使用できるとのこと。

お役立ち情報[PR]