お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

好きな麺類のメニュー、上位3位は「ラーメン」「パスタ」「うどん」~株式会社マーシュ調べ

麺類を食べる頻度<全体>

株式会社マーシュは同社が運営する「D STYLE WEB」の会員1,100名を対象に「ラーメン、パスタなどの麺類に関するアンケート」を実施。対象は全国の10代~60代の男女、調査期間は2014年3月17日(日)~3月24日(月)。

【麺類王者決定戦!みんなが選ぶ「一番好きな麺類」2位はパスタ。1位は?】

ラーメン・パスタ・うどん・そばなど麺類の食事を、1週間にどれぐらいの頻度で食べるかについて、最も多かった回答は「週に2~3日」で40.5%。次いで「週に1日」で29.5%となり、「ほぼ毎日」は4.3%、「週に4~5日」は8.5%という結果に。男女別では、女性より男性の方が麺類を食べる頻度がやや高い傾向にあり、「週に4~5日」以上の頻度で食べている人の合計は、男性が女性より6.4ポイント高かった。年代別では、「週に4~5日」以上の合計では、50代・60代が最も高く(15.5%)、20代(14.5%)が続いた。一方、最も低かったのは10代の7.0%であった。

麺類を食べる頻度<男女・年代別>

麺類の7メニューについて、それぞれ好き嫌いの回答を求めたところ、どの麺類についても「好きではない」と答える人は少数という結果になった。「好き」なメニューとして最も高かったのが、「とても好き」(48.5%)、「好き」(36.2%)を合わせて84.7%が『ラーメン』と回答。次いで『パスタ』(81.1%)、『うどん』(77.2%)が続いた。

種類別-麺類の好き嫌い

麺類を食べるタイミングとして最も多かったのが、どの麺類でも「昼食」となり、『焼きうどん』を除き、それぞれ8割前後となった。タイミング別では「夜食」の割合が最も高いのはラーメンの15.5%。「夕食」の割合が最も高いのは『パスタ』の55.6%で、次いで『焼きそば』が49.5%。「朝食」では『うどん』が7.9%で最も高い結果となった。

種類別-麺類を食べるタイミング

飲食店で外食する場合、その麺類のメニュー(1食分)に最大でいくらまで支払ってもよいかを、それぞれの麺類において尋ねたところ、「1食に支払える最大金額」の平均で、最も高かったのは『パスタ』の平均1,003円。男性の平均が931円であるのに対し、女性は1,074円で1,000円を上回った。次いで『ラーメン』の817円が高く、男性の平均は818円、女性の平均は816円と男女差はあまりないことがわかった。また、前問でその麺類が「好き」と答えた人と、「ふつう」または「好きではない」と答えた人との平均金額の差では、どの麺類についても「好き」と答えた人の方が「ふつう」または「好きではない」と答えた人に比べ約1.1倍~1.2倍の高い金額を示す結果となった。

1食に支払える「最大金額」の平均

1食に支払える「最大金額」の分布

お役立ち情報[PR]