お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

浮気相手から宣戦布告! わるいね!ボタンがあったらぜひ押したいSNS投稿は?

SNSは楽しいもの。でも内容によってはとても「イイネ!」が押せないような投稿もあります。ここだけの話、「ワルイネ!」ボタンがあったらいいのに、と思いませんか? 今回は、働く女性がドン引きしたSNSの投稿を紹介します。

■「自分大好き!」は痛い

・「思い切りモテ顔メイクとポーズを載せておきながら、そのコメントが『私かわいくない。嫌だなぁ。はぁ』なんていうもの。お望み通り『ワルイネ』と言ってあげたくなる」(26歳/機械・精密機器/技術系専門職)
・「いい年したおばさんがフリフリの服を着た写真をアップしていたこと。きもいと思った」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

かわいく撮れた自分の写真を「どうだ!」とばかりに公開したい気持ちはわかります。でも、それを見せられても正直、困ってしまう……。客観的な視点もほしいものです。

■「ウチの子」自慢はいらない!

・「かわいくない子どもの写真。正直、本当にかわいくない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「子どもの写真。子どもがいないのであまりに頻繁だとつらくなる」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「子どもがかわいくて」という気持ちはわかりますが、自分のタイムラインが人の子どもの動静で占拠されてしまうと、さすがに考えもの。誰もが閲覧できる状態で子どもの写真をアップするというのも、人ごとながら不安になります。

■せめて「おいしそう」に撮って!

・「食べ終わったあとの料理写真(お皿だけ)をアップ。汚らしいし、意味がわからない」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「手抜きの出来合い料理を自慢げにアップ」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

食べる前に写真を撮るはずが忘れてしまい、あわてて食後に撮影したもの!? 自作料理も見栄えがよくないと「ワルイネ!」の対象に。そこまでして人に見せなくても……残念!

■どんなときでも投稿しないと気がすまない

・「体調不良で仕事を数日休んでいた後輩が、休みの間中『今日の部屋着』『飲んでる風邪薬』などを画像付きでSNSに投稿していたので『そんなことまで投稿してるから体調がよくならないんだよ……』と思い、さすがに『いいね!』ボタンは押せませんでした」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

体調不良のときくらい、SNSへの投稿を休めばいいのに……。「お大事に」コメントを求めている「かまってちゃん」と思われても仕方ないですよね。

■宣戦布告!?

・「妹の彼氏にちょっかいを出してきた女性がSNSで『彼女がいる人だけどいずれ私のものになりまーす!』と浮気をしていたことを堂々と告白していた。妹と一緒に呆れはて、彼氏に問い詰めて浮気を認めさせた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼の浮気をアピールすることで、彼女の座をゲットしようという作戦!? SNSを利用した泥試合は、いつもどこかで繰り広げられているのかもしれません。

■たしかに「いいね!」ではないよね……

・「離婚しました~などの悪い報告」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「交通事故の現場を生々しく書く」(25歳/電機/事務系専門職)
・「グロテスクな傷口の画像をアップ」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

コメントする時間がなくても、ボタンひとつで反応できるのはとても便利。でも、このような投稿には「いいね!」できません……。ほかの意志表示もできるといいですよね。

ほかにも、一歩間違えれば犯罪につながってしまうような投稿も寄せられました。このような人と関わると巻き込まれることがあるので、ブロックした方が良いかも。

わざわざコメントをつけるのもためらうような、どーでもいい投稿が「わるいね!」の対象になってしまうようです。「自慢ばかりの投稿も鼻につく」という意見も多数見られました。自分が投稿するときは、客観性を持って写真や文章をアップしたいものです。

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数180件。

(OFFICE-SANGA 新井鏡子)

お役立ち情報[PR]