お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「こんなはずじゃなかったのに!」付き合い始めてから発覚した、彼女のドン引き行動

人間、誰だって欠点の1つや2つあるもの。最初はわからなくても、仲良くなるうちに見えてくることは多いはず。それが受け入れられる程度の欠点ならいいのですが、あまりに残念すぎる欠点だと……。ということで、今回は男性のみなさんが、付き合い始めてからドン引きしてしまった女性の行動について教えてもらいました。

■食べ方、やっぱり気になります

・「ご飯をくちゃくちゃ音をたてて食べる……」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「食べ方が汚い」(30歳/商社・卸/営業職)

これは男女問わず「嫌だ!」という人も多いのではないでしょうか? 食事の習慣はなかなか指摘しづらいだけに、自分自身の食べ方に気がつかない人もいるはず。食べかけのお皿の見た目や、口を閉じてかむなど、自分でできることから注意してみてもいいかもしれませんね。

■テンションの下がるひとこと

・「デート中に『つまらない』と言うことがある」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『面倒臭い』を連発」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「他人の悪口ばかり」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「事あるごとに『前の彼は……』という発言」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「浮気を疑ってくる言動」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

ある意味正直な発言なのかもしれませんが、相手のテンションを下げるには十分。デート中の「つまらない」「疲れた」は、一緒に過ごしている彼に対して失礼なひとことだということを自覚しましょう。

■柄の悪い態度はやっぱりNG!

・「言葉使いが悪い」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「イラつくと舌打ちする」(30歳/自動車関連/技術職)

・「気が高ぶるとヤンキー言葉になる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「店員に横柄な態度を取る」(30歳/自動車関連/技術職)

・「渋滞していると前の車を罵倒する」(31歳/医療・福祉/専門職)

気持ちにゆとりがなくなると、発言にその人本来の姿が出てしまいます。特にイライラしているときは要注意! 暴言を吐いて彼をドン引きさせる前に、深呼吸して気持ちを整えましょう。

■こんな習慣はイヤだ!

・「2人でいるときに平気でおならをする」(29歳/マスコミ・広告/クリエーティブ職)

・「電車内で化粧。改札強行突破」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

・「貧乏ゆすりをする所」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「タバコを吸う」(31歳/金融・証券/専門職)

・「料理ができない」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「片づけができない」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

女性に「女性らしさ」を求める男性は、当然ながら多いはず。相手に不快な思いをさせないためにも、自分自身のためにも、少しずつ改善するのが良さそう。

どうやら、男性が「残念……」と思うのは、「女性らしさに欠ける」という点ももちろんですが、性別を問わず「NG」という要素が多いようです。自分の言動に思い当たるフシがある人は、まずは直すことを意識してみては?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]