お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

東京駅構内に雑貨とカフェの融合ショップ「STANDBY TOKYO(スタンドバイ トーキョー)」オープン

STANDBY TOKYO(スタンドバイ トーキョー) 外観

JR東日本リテールネットは、東京駅構内1階の新幹線南乗換改札前に、直営店舗「STANDBY TOKYO(スタンドバイ トーキョー)」を3月28日(金)に開業した。

“旅”をコンセプトとする「STANDBY TOKYO(スタンドバイ トーキョー)」は、リドルデザインバンクのクリエイディブ・ディレクター塚本太朗氏がショップコンセプトやデザイン、雑貨のセレクトを監修した、雑貨とカフェの融合ショップ。

「雑貨・手土産スペース」では鞄メーカーの“吉田カバン”の商品をはじめとするトラベル雑貨や、STANDBY TOKYOオリジナルのTシャツやタンブラーなどを販売。「レストスペース」では、Free Wi-FiやiPad miniを設置、恵比寿“猿田彦珈琲”が焙煎したオリジナルブレンドコーヒーの提供や、自由ヶ丘に本店を構える創業78年目の“ポパイカメラ”が旅をテーマに編集した写真展が開催されている。

店は建て替えられた東京駅丸の内駅舎を約100年支え続けた“松杭”をモチーフとした外観となっており、松のデザインを取り入れたオリジナルの菓子なども販売。同社の担当者によると「東京駅の新たなランドマークとして多くのお客さまに親しんでいただければ幸いです」とのこと。

営業時間は月~土 7:00~22:00(日・祝 ~21:30)、年中無休で営業中。

お役立ち情報[PR]