お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

カロリーが気になる女子にもオススメ! お米を使わない新しい主食『ライス・フリー』シリーズが登場

大塚食品株式会社から、精白米不使用の“マンナン雑穀”とおかずがひとつになった電子レンジ調理専用のトレイ型レトルト食品『ライス・フリー』シリーズが4月8日(火)より、全国のローソンにて先行販売開始しました。

“マンナン雑穀”は、大塚食品が開発した、こんにゃく生まれの米粒状加工食品『マンナンヒカリ』の技術を応用し、独自に開発した製品。“マンナン雑穀”を使用することで、1人前200g・200kcal以下と低カロリーを実現。

気になるラインナップは、あめ色玉ネギのコクと、スパイスが香る『4種の根菜の欧風カレー』、豚のうまみが溶け込んだ白湯スープに根菜とくわいの食感がアクセントになっている『野菜を味わう中華あんかけ』、根菜の食感と豆板醤がピリッときいた『根菜仕立ての麻婆春雨』』の全3種類。

低カロリーなのに、おかずのしっかりした味つけと、精白米を使わない“ごはん”がひとつになった『ライス・フリー』シリーズ。カロリーが気になる人や、食事の時間が不規則な人にもオススメです。

◆商品概要
・『ライス・フリー 4種の根菜の欧風カレー』
・『ライス・フリー 野菜を味わう中華あんかけ』
・『ライス・フリー 根菜仕立ての麻婆春雨』
内容量:200g
希望小売価格:225円(税抜)
発売日:2014年4月8日(火)

お役立ち情報[PR]