お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「『コシのある』うどんの作り方とは?」

うどんの”コシ”とは、ただかたいだけではありません。やわらかくてモチモチした食感を保ちつつ、歯ごたえを感じられる状態のこと。原料である小麦粉を塩水とともにこねるとグルテンに変化することで、こしを生み出します。

【うどんとサラダを一緒に食べると血糖値上昇が抑えられ、食後も眠くなりにくい!?】

うどんを打つときに踏みすぎてしまうと、かたいだけの麺になってしまうことも。

麺を作るときだけではなく、ゆで方にもポイントがあります。うどんをゆでた直後は、麺の中心部と外側の水分量に差が生じるため、両方の食感を楽しめるのです。うどんのこしを楽しみたいときには、ゆでたてをすぐに食べるといいでしょう。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]