お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 海外旅行

世界中で宿泊先を探す人と貸したい人をつなぐ「Airbnb」、国内ホスト数が1,000軒超に

登録物件は世界で約60万件。日本のホスト数は1,000軒を超えた

世界192カ国で個人宅などの空き部屋を有料で貸し借りできるウェブサービスを行っているAirbnb(エアビーアンドビー)は、このほど日本市場を強化をすることを発表した。

【春だ、旅に出よう!極上気分が味わえるリゾートホテルの特別プラン3選】

Airbnb(エアビーアンドビー)は、2008年8月にカリフォルニア州サンフランシスコで創立。世界中で部屋を短期で貸したい人が宿泊施設を登録する一方、旅行などで宿泊先を探している人が現地の登録宿泊施設を検索・予約することができるサービスを行っている。

登録物件は世界192カ国3万4,000都市に約60万件、利用者は1日50万人にもなる。物件にはアパートや個人宅の1部屋を始め、コンドミニアムや一軒家、豪邸、バンガローや寺・シャトー、島まるごとなどまで様々な部屋が提供されている。

日本国内においては、東京や京都などを中心にホスト数が1,000軒を超えた。2020年の東京五輪開催に向けてより多くの外国人観光客が訪れることが予想されることから、日本市場を重要なマーケットとして定め、サービスの強化・定着化を図るという。

また、同サービスはツアーだけでなく個人の嗜好や趣味にマッチした旅行の形が主流になってきた現代に合わせ、春の旅行シーズンに向けて日本の旅行スタイルを変える新しい宿泊の形を提供していくとのこと。

お役立ち情報[PR]