お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

あぁ、女子っぽいのは面倒! 女を捨てている「オス化女子」の特徴12選

女性らしく、キラキラ輝ければどんなにいいかと思いつつ、「私、ガサツだし、そういうの面倒くさ~い」なんて思ってしまう自分っていませんか? 女子っぽいものを好まなかったり、女性らしさをキープする努力をせず、やることが男性的な女子、いわゆる「オス化女子」って意外と多いんです。事実、働く女子に自分のことを「オス化女子」だと思うか聞いてみたところ、なんと約6割の女性が、「はい」と回答。彼女たちの自己分析から、オス化女子の特徴を探ってみました。

■ドアを足で閉める

・「急いでいるときに、デスクの一番下の引き出しを足で閉じてしまったとき、いけないと思った」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「冷蔵庫を足で閉める」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

きちんと手で閉めるのが正解ですが、思わず足で閉めてしまうという行儀の悪さが出てしまうみたい。「ふたを歯で開けたりする」(26歳/金融・証券/事務系専門職)なんて声も。

■部屋が乱雑で、整理整頓が苦手

・「部屋が乱雑。男子のほうが整理整頓が上手だから」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「面倒くさがりで、部屋を汚くしても平気だから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「帰ったら、服を脱ぎっぱなし」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「財布や鞄の中がぐちゃぐちゃで汚い」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

部屋が汚い、という声も目立ちました。かわいい雑貨が並べてあったり、きれいに収納されていたりする女子っぽさはないようです。

■言葉遣いが悪い

・「男性が多い職場なので、言葉遣いが悪いと思う」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

言葉遣いが乱暴だと、女性らしさとは程遠くなってしまいますね。

■部屋着がかわいくない

・「部屋着がジャージ」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「家にいるとパジャマを着ている」(30歳/金融・証券/営業職)

・「部屋着がださい」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

ラフな格好が一番で、部屋でも女子っぽいかわいいものを身につけることはないようです。

■ファッションやメイクに気を遣わない

・「疲れているを理由に、メイクやファッションにあまり気を遣わなくなった」(31歳/生保・損保/営業職)

・「会社へはいかに楽な格好で行くか、と思うようになり、洋服に気合を入れない。また、会社に着くとまず社内履きスリッパに履きかえる」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「年々、おしゃれやメイクにかける力が減っていく」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

おしゃれに気を抜きがちになったら、オス化の兆候が“大”とみてよさそう。

■毛が濃くなってきた

・「ヒゲが濃くなってきた」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「スネ毛が濃くなってきたような気がします」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

ズバリ、毛が濃くなってきたという意見も。男性ホルモンが過多になっているのかも。

■ムダ毛を処理しない

・「ムダ毛処理を怠る」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

これから露出が多くなる季節、ムダ毛処理をきちんとしておかないと、「オス化女子」認定されてしまいます。

■清潔感に欠ける

・「お風呂に毎日入らなくても特に気にならない」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「ときどき疲れると髪の毛も洗わない日がある」(27歳/電機/技術職)

・「洗濯は週1で十分なところ」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

お風呂に毎日入らなかったり、髪を洗わなかったり、洗濯をしなかったり……。清潔感がないと思われがちな行動をとってしまうみたい。

■パンツスタイルが多い

・「私服はいつもパンツスタイル」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「スカートを久しくはいていない」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

女性らしさが際立つスカートではなく、パンツを愛用するのも「オス化女子」の特徴です。

■“すっぴん”で外出が平気

・「すっぴんで外出できるようになってしまった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ノーメイク出社」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ご近所、そして会社にまですっぴんで行ってしまう、という声が。人の目を気にしなくなったら、要注意です。

■食の好みが男らしい

・「缶コーヒーとたばこのセットをこよなく愛す。シャレたカップコーヒーとかではない」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「まず一杯目は、ビールを飲んでしまう」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「野球中継を見ながらビールを飲むのが至福」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「お腹がすいたら、すぐに牛丼屋やラーメン屋に入って、さっと食事をすませちゃう」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

ビールや缶コーヒー、ラーメンや丼物が好きという、男っぽい食の好みを挙げる声も。また、「炒め物をフライパンのまま食べる」(27歳/学校・教育関連/専門職)というような食べ方の豪快さ・ズボラさを挙げる人も多かったです。

■下ネタで盛り上がれる

「立ち飲み屋で、まわりの男性のお客さんたちと下ネタで盛り上がれてしまう。もう少し恥じらいを持たなければ、と思う」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

下ネタの話題になったら、美しくやり過ごしたり、賢い返しをするのが大人女子です。それがなかなか難しいんですよね。

「オス化女子」の特徴について、「あるある~!」「だって面倒なんだもん!」なんて共感できる項目も多かったのでは? 男性からしたら意見の分かれるところだと思いますが、あまりに「オス化」してしまった女子は、女として見ることができず、敬遠される傾向が……。当てはまるものが多い人は、恋愛からも遠ざかってしまいがちなので、注意が必要かも。あなたは、「オス化女子」の特徴に何個当てはまりましたか?

(マイナビウーマン編集部)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数332件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]