お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

新雑誌「エンタミクス」新発売 「相棒」と「名探偵コナン」が奇跡のコラボ!

「エンタミクス」5月号

株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニーは、インドアエンタメの新雑誌「エンタミクス」を、3月20日より、発売開始した。第1号となる5月号では、「相棒」杉下右京と、「名探偵コナン」江戸川コナンのツーショット表紙が実現した。

【自分史上NO.1のおもしろドラマって?】

「エンタミクス」は、映画、TV、漫画、アニメ、ゲーム、コンビニグルメ、ファストフードなど、エンターテイメントの中から良作良品をリコメンドして、毎月紹介する日本で唯一のインドアエンタメ総合誌。誌名の「エンタミクス」とは、“enter”(エンターテイメント、エンター)と“mix”(ミックス)の2つの言葉からなる造語で、多様なエンタメジャンルから相性の良いコンテンツを組み合わせることで、新たな価値や楽しみ方を提案・発信していく。

5月号表紙では、KADOKAWA、東宝、東映3社の垣根を越えたスペシャルコラボレーションが実現。「相棒」杉下右京の「ひとつ、よろしいですか?」と、「名探偵コナン」江戸川コナンの「真実はいつもひとつ!」の決めポーズを交換した、撮り下ろし&描き下ろしのレアショットとなっている。

誌面では、表紙を飾る国民的人気シリーズのGW公開の劇場版を徹底攻略。「相棒」は、水谷豊と成宮寛貴による「-劇場版3-」&シーズン11・12振り返り対談を敢行。また、「名探偵コナン」は、江戸川コナン役の声優高山みなみと同作プロデューサーがTVアニメ&劇場版のベストエピソードを選ぶスペシャル企画を収録する。

「エンタミクス」5月号は、オリジナル付録ぴかぴかクリーナーポーチ付属。価格は657円(税別)。

お役立ち情報[PR]