お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

フレッシュネスバーガー、消費税率引き上げに伴い価格表示及び本体価格を変更

4月1日から価格表示及び本体価格を変更する

フレッシュネスは、同社が展開する「大人がくつろげるバーガーカフェ」フレッシュネスバーガーにおいて、消費税率引き上げに伴う販売価格の表示方法及び本体価格の変更を発表した。

【消費税が上がると具体的に……?がわかる「5%8%電卓」】

同店舗ではこれまで消費税を含めた「総額表示」で価格を表示していたが、4月1日の税率変更に伴いすべての商品について税抜き価格での「本体価格表示」に変更する。現行の本体価格の1円の位を四捨五入し、10円単位での価格表示を新設定する算出方法となる。

4月1日からの主な商品価格(本体価格)は以下のとおり。
フレッシュネスバーガー320円(税抜)、テリヤキチキンバーガー330円(税抜)、チーズバーガー340円(税抜)、クラシックバーガー480円(税抜)、ブレンドコーヒーS:278円(税抜),T:320円(税抜),G:360円(税抜)、カフェラテS:320円(税抜),T:360円(税抜),G:390円(税抜)。
なお、ブレンドコーヒーのSサイズは実質価格据え置きとなる。

お役立ち情報[PR]