お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「自分のキャラクターチェンジ」やっておけばよかったという人は20代に多い? 『新生活に関する調査』ビデオリサーチ調べ

進学や就職など新しい環境になる前にやったこと

株式会社ビデオリサーチは、15~74歳の全国の男女1,150人を対象に「新生活に関する調査」を実施し、結果を発表した。調査期間は2014年2月28日(金)~3月2日(日)。

【“大人”になるには、何が必要? 働く女子に聞いた「これができてこそ、大人だと思うこと」ランキング】

進学や就職など新しい環境を迎える前に「やったこと」「やっておけばよかったと思うこと」を尋ねると、「やったこと」では、「国内旅行」が1位となり、約2割の人が経験していた。「やっておけばよかったと思うこと」では、「海外旅行」が1位になり、続いて「勉強」「国内旅行」「語学学習」が挙がった。

進学や就職など新しい環境になる前にやっておけばよかったこと

また、「自分のキャラクターチェンジ」に着目し年代別にみてみると、自分のキャラクターチェンジを「やった」経験のある人は15~19歳で多く、「やっておけばよかった」と後悔している人は20代に多かった。キャラクターチェンジにまつわるエピソードでは、キャラクターを変えなかったことで「ネクラで友達ができない(27歳男性)」とのコメントが挙がる一方、キャラクターを変えてみたものの「キャラが安定しない(19歳女性)」というコメントも寄せられた。

新しい環境に変わる際の『自分のキャラクターチェンジ』年代別スコア

お役立ち情報[PR]