お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

うるさい相手を黙らせる方法「ひたすらマイペースを保つ」

楽しい会話ならどれだけでも話してほしいところですが、退屈な話を延々と繰り返したり、わざとこちらが嫌になるようなことを言って反応を楽しむような相手は嫌ですよね。うるさい相手を黙らせるにはどうすればいいのでしょうか?

【相手に嫌われない会話の仕方・しぐさ】

■相手の自尊感情をくすぐる

あなたにわざと腹の立つことを言ったり、自慢話ばかりするような人は、なぜそんなくだらないことをしてしまうのでしょうか。それは、相手の自尊心が低いからです。「えっ、いつも自慢ばかりしてるんだから、逆に自信満々なんじゃないの?

」と思いがちですが、実は事実は逆なのです。あなたをおとしめようとするのは、自分より格下の相手がいると思い込むことで自分の心の安定を図るため。自慢話をするのは、自分をもっと認めてほしいからなのです。

だから、このような相手にはほめ殺し作戦が効果的。「すごいですね~」「私にはとてもじゃないけどマネできないわ」などと褒めておだてておけば、自尊感情が満足しておとなしくなります。

■するどくツッコミを入れる

こちらの話は聞かず、自分の話ばかりする人の話は薄っぺらいという特徴があります。ふつう、人に何かを説明するときは相手に伝えたい、分かりやすく説明しなくてはならないと思うものですが、このような人はただ自分の知識量をひけらかしたいだけなので、相手にちゃんと話の大筋が伝わっているかなんてどうでもいいのです。

ただ「物知りなのね」と思われたいだけ。友人の多さを自慢したがる人も多いですよね。

こういう人には、話の言葉尻をとらえてするどいツッコミを入れると効果的です。「この人はツッコミを入れてくるからめんどくさい」こう思わせればもう近寄ってこないでしょう。

■自分を客観的に見つめさせる

口を開けば人の悪口や噂話ばかり。こういう人が近くにいると、あることないこと言いふらされて本当に迷惑ですね。また、このような人に限っておしゃべり好きなので、うっかりつかまってしまうと何時間も離してくれなかったりします。

「悪口を言う人は自分も同じぐらい言われている」といいますが、みんな余計な波風を立てたくないから適当に合わせているだけで、悪口が大好物な人を好きになる人はいません。

悪口好きな人は、そんな自分を棚に上げて他人を批判しまくっているのですから、そのことに気付かせてあげれば黙ります。「さっきからあの人のことバカにしてるけど、そういう自分はどうなの?」と、軽蔑のまなざしでじっと見つめてあげましょう。

まともな神経の持ち主であれば、恥ずかしくなるはずです。

■相手の土俵に乗らない

うるさい相手は、こちらが自分のペースに乗せられるのを誘っています。相手の言葉に乗せられて、悔しがったり、傷ついた顔をしたりすれば相手の思うツボ。そうならないためには、ひたすらマイペースを保つこと。何を言われても「へー、そう」と相手にしなければつまらなくなるはずです。

お役立ち情報[PR]