お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

極上ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」、2月1日にオープン

「プライムグレード」の牛肉をステーキで楽しめる

ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズで絶大な人気を誇る「ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー」は2月1日、東京都・六本木の鳥居坂に、日本初上陸となる「ウルフギャング・ステーキハウスby ウルフギャング・ズウィナー六本木店」をオープンする。

【宇宙は「ステーキの香り」がするらしい!世界の仰天トリビア!】

同店は、1887年に創業したニューヨーク・ブルックリンの名門ステーキハウス「ピーター・ルーガー」で、41年間ヘッドウェイターとして活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立したステーキハウス。2004年マンハッタンに創業し、現在アメリカ国内に7店舗を展開している。

同店では、アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級品質と認定された「プライムグレード」の牛肉のみを使用。専用の熟成庫で長期乾燥熟成された肉を厚切りにし、900℃のオーブンで焼き上げる。ステーキには、サーロインとフィレを一度に楽しめるTボーン(2・3・4名用)のほか、サーロイン、フィレ、リブアイを用意。ロブスター、オイスターなどのシーフードのほか、程よく脂ののった厚切りの「シズリングベーコン」、「ジャーマンポテト」、「クリームスピナッチ」、「マッシュポテト」などのサイドアイテムも用意している。

代表メニューの料金は、「ステーキ for two (2名用)」が15,000円、「ニューヨークサーロインステーキ」が7,500円、「リブアイステーキ」が8,900円、「シズリングベーコン」が700円、「ジャーマンポテト」が1,500円。なお、会計の際は、表示価格に別途消費税とサービス料10%が加算される。

お役立ち情報[PR]