お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

スタバ、スマホやPCからドリンクを贈れるソーシャルギフトサービス開始

「Starbucks e-Gift」イメージ

スターバックスコーヒージャパン株式会社は、1月15日より、インターネット上のギフトカード販売サービス「Starbucks e-Gift」を開始した。販売価格は500円(税込)。

【相手の住所を知らなくても贈れるソーシャルギフトサービス「GIFT PAD」開始】

同サービスは、バーチャルのギフトカード(オンラインチケット)にメッセージを添えて、スマートフォンやパソコンから友人などへ気軽に贈ることができるサービス。誕生日やバレンタインなど、イベントや季節に合わせたテーマの中からデザインを選び、メッセージを入力して、Facebook、LINEのメッセージ機能や電子メールにて送信する。

オンラインチケットを受け取った人は、全国のスターバックス店舗で、カスタマイズをしたものを含む500円までの全てのドリンクとオンラインチケットを引き換えることができる。有効期限はオンラインチケット販売日の4カ月後の月末まで。

同サービスは、スターバックス公式ホームページのほか、1月31日からソーシャル・ネットワーキングサービス「mixi」上においても販売。mixiで購入した場合のみ、mixi上の友達へのダイレクト送信が可能となる。

同社は、今後、販売チャネルを順次拡大していく予定としている。

お役立ち情報[PR]