お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ぷっくりが麗しげ!憧れの涙袋を作る方法とは?

ここ数年、目もとに優しい印象を与えてくれる涙袋が若い女性の間で人気ですよね。

【生のトマトとトマト缶、どちらほうが栄養価が高いの?「トマト缶の方がリコピン酸を2~3倍多く含む」】

ぷっくりしていると麗しげで女性らしさがぐっと増しますが、人によっては全くない人も・・・では簡単に涙袋を作る方法というのはあるのでしょうか?

そもそも、目の下にぷくっと膨らんでいるのが涙袋。

涙が溜まっているわけではなく、ホルモンが詰まっているので別名ホルモンタンクとも呼ばれています。

昔は、老け顔の象徴のように思われていたのに、近ごろでは涙袋があると目が大きく可愛く見えて、異性へのアピール力も強化されるからとアイドルや女優さんのなかにはわざわざ美容整形するコもいるとか。

最近は痛みの少ない注射でヒアルロン酸を注入して、自然な涙袋を作る技術が向上していると聞きます。

ただ、若いうちはチャームポイントになっても、年齢とともに涙袋が垂れて影をつくり、老けて見えやすくなるというリスクもあるので、そこは考えものですね。

例えば、メイクで涙袋のような雰囲気を演出しているコも多いですよね。

目の下に透明なラメ入りのアイライナーを入れると、それだけでも印象が変わるもの。

もっとしっかり描きたい人は、目の下5mm程度までアイシャドウベースを塗り、白もしくは薄いピンク系のハイライトをのせてみて。

アイシャドウベースの代わりに茶系のペンシルで影をつくり、ぼかした上からハイライトをのせてもOK。

ただし、目の下にくすみがあるコは、メイクが台無しに。

メイクする前に目もとの血行を高めてくすみを取っておきましょう。

取材協力 「ビューティ&ダイエット」
あふれる美容・健康情報。どれがホントかわからない・・・そんなときはビューティ&ダイエットにアクセス! 100~400kcal以下のレシピを集めた「キレイ&DIETレシピ」コーナーや、みんなのクチコミ情報や専門家からのアドバイスなど、本物のキレイになれる情報満載のケータイ&スマートフォンサイトです。

お役立ち情報[PR]