お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

換気扇、レンジ……キッチンのあの汚いところをキレイにするには?「重曹」

毎年頭を悩まされるのが大掃除。特に、油汚れがこびりつきやすいキッチンをキレイにするのは大変です。そこで、手ごわい換気扇とガスレンジの汚れを効果的に落とす方法をご紹介します。

【キッチンの嫌な場所を、簡単に綺麗にできる掃除「レンジの油汚れは、シップ法」】

■換気扇の掃除の仕方

換気扇の油汚れは細かいところまで入り込んでいるので、まず可能な限り分解していきましょう。部品の中には小さなネジも含まれているのでなくさないよう注意してください。そして、重曹ペーストを作ります。作り方はとっても簡単。

重曹と水の割合を3:1にして、ペースト状になるまでよくかき混ぜれば完成です。この重曹ペーストをそれぞれの部品の細かいところまで丹念に塗り込んでいきます。油汚れが浮いてくると表面が黄色くなってくるので、古ハブラシや使用済みのテレホンカードなどで汚れをこそげ落としながら水で洗い流していきましょう。

換気扇フードも、同様に重曹ペーストを使ってキレイにします。水洗いができないので、ぬらしたフキンなどで拭いて仕上げてください。

■ガスレンジの掃除の仕方

ガスレンジもがんこな油汚れがこびりつきやすい場所です。ニオイも気になりますよね。ここではあのアルミホイルが活躍します。アルミホイルを適当な大きさに丸め、そこにクリームクレンザーをつけて汚れをこすります。

汚れが落ちたら、フキンやキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。焦げてしまいがちな五徳は、重曹を加えたお湯に入れて煮沸すると落としやすくなります。コンロ周りの壁の油汚れは、「激落ちくん」のようなメラミンスポンジを水でぬらしてこするとキレイに落ちます。

ただし、あまりにも時間のたった汚れには、こすってもただ上下に汚れを広げてしまうだけなので、そうなる前に早めにお手入れしてください。ガスレンジは毎日のお料理のたびにお手入れするのが結局は一番楽。使い終わってまだあたたかいうちに、ヤケドに気をつけながら拭き掃除をしましょう。

すぐに行えばサっと拭くだけでピカピカの状態を保つことができ、お料理も楽しくなります。

お役立ち情報[PR]