お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

最悪! 女のしがらみを感じる職場のルール「ランチはみんなで」「先輩より派手なネイルは厳禁」

女性が社会進出を果たして数十年。今では、結婚や出産後も働き続けることが珍しいことではなくなりました。その分、社内における女性の比率が高くなり、年齢層も幅広い傾向にあります。女性が多くなればなるほど、女性特有のしがらみが発生することは避けられません。あなたの職場では、女のしがらみを感じるイヤ~な決まりごとはありますか? 今回、働く女性のみなさんに聞きました。

【「恋バナ厳禁」? 20代女子が新人時代に学んだ職場のルール】

■いつもみんなで一緒にランチ

・「お昼は基本一緒に食べなければいけない」(24歳/機械・精密機器/営業職)
・「お局さんがランチの場所を決める」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「女性全員で食堂でランチしたあと、そのまま喫茶に移ってコーヒーを飲まなければいけない雰囲気があること」(30歳/金融・証券/専門職)

お昼ぐらい、解放してください!

■掃除当番がある

・「洗濯当番。お局ぐらいにならないと免除されない」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「ロッカー室の掃除」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「毎週まわってくる掃除当番。就業一時間前に出社しなければならず、全員の机拭き、トイレ掃除、タオルの洗濯、お茶入れなど正直面倒くさいし朝早いので嫌だ。もちろんサービス出社?だし……」(29歳女性/生保・損保/事務系専門職)

掃除も仕事のうち……って、わかってはいても面倒なものは面倒なんです!

■女子会に参加しなければならない

・「女子会で噂話につきあうこと」(25歳/電機/事務系専門職)
・「年に一度女性だけが集まってクリスマス会がある。そこでは決まった値段のプレゼントを買ってきてプレゼント交換をしないといけない」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「女子会強制参加。行かないと悪口言われる」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

酒好きの上司に付きあわされる若手男性社員たちも、同じ悩みを抱えていそう。

■お局様にまつわる決まりごとエトセトラ

・「お局様からのメールは即レスしないといけない事」(31歳/印刷・紙パルプ/技術職)
・「お茶っぱを買ってくる係をしてるが、お局の好みのものにする必要がありめんどくさい」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「先輩より派手なネイルは厳禁……」(25歳/商社・卸/技術職)

理不尽な条例は、自分がお局になったときに廃止にしましょう。

女性が多い職場では、直接仕事に関係のないルールがたくさんあるようです。面倒ではありますが、これもコミュニケーションのひとつとして割り切って上手に立ち回りたいもの。20代の方は先輩たちにかわいがられる後輩を目指し、30代の方は後輩に慕われる先輩を目指せば、自然と居心地の良い職場環境になるかもしれませんね。

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数300件(21歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]