お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

イスラエル発のチョコレートバー「MAX BRENNER」第1号店、第2号店オープン

表参道ヒルズ 外観

イスラエル発のチョコレートバー「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックス ブレナー チョコレートバー)」第1号店が表参道ヒルズにオープンした。12月20日には東京スカイツリータウンに第2号店がオープンする。

【チョコ好きに朗報―チョコをたくさん食べる若者はやせてる スペイン調査結果】

「MAX BRENNER」は、イスラエルで創業したチョコレートブランド。新しいチョコレートの楽しみ方など、今までにないチョコレートエンターテインメントを提案する。現在、ニューヨークを拠点に、イスラエルやアメリカをはじめ、世界で40店以上のチョコレートバー、レストランを展開している。

注文を受けてから調理して提供するファストカジュアルスタイルのイートインでは、溶かしたチョコレートにトーストしたマシュマロが特徴的な「チョコレートチャンクピザ」(ホールサイズ1800円、1/2サイズ950円、1/6サイズ350円)、チョコレートが入った巨大な注射器「チョコレートシリンジ」(500円)をはじめ、ワッフル、クレープ、フォンデュなど、チョコレートを堪能できるメニューを用意する。

また、ドリンクメニューは、オリジナル食器で提供するチョコレートドリンクも。カカオ豆の形をイメージしたカップ“ハグマグ”に入れたホットチョコレート(500円)や、不思議の国のアリスにちなんで名付けられたカップ“アリスカップ”に入れたアイスドリンクのチョコテール(700円)などを提供する。

そのほか、テイクアウト商品「Fastmax(ファストマックス)」や、物販商品なども充実。オリジナル食器も販売する。

チョコレートチャンクピザ(ホールサイズ1800円、1/2サイズ950円、1/6サイズ350円)

お役立ち情報[PR]