お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

コンテストサイト「コトナス」で実施した、LIGコンテストの受賞者発表

ビジネスアイデアコンテストサイト「コトナス」

人材総合サービス企業のエン・ジャパンは、同社が運営するビジネスアイデアコンテストサイト「コトナス」で今年7月度に実施した、「LIG」コンテストの表彰結果を発表した。

【数をこなせ!アイデアを出す方法】

同コンテストでは、”誰もがわくわくし、常識を覆すような企画・アイディア”をテーマに、ウェブサイト制作を行っているLIGのコーポレートサイト「LIGブログ」を使ったWEBプロモーション企画を募集。集まった12件のアイデアのうち、ファイナリストとして5件が選出された。

金賞を受賞したのは、受賞者Kanbeさん自らが中毒になっているという、LIGブログの「頂点ボタン」を広告として活用する企画「頂上グランプリ」。「頂上ボタン」がスクロールするたびに増殖し、オンマウスすると広告に関連した「叫び」が出現。クリックするとリンク先ページヘ飛ぶほか、クリック回数から定期的に集計したランキングを設け「人気頂上ボタン」も発表するという。

なお、同企画について企業側は、イベント性と収益性の2観点から考えられているため、是非導入したいと考えているとのこと。

また、銀賞には、かくれんぼの特徴を利用した体験型コンテンツを導入する「ぶろぐでかくれんぼ」(CCCさん)、銅賞には、継続的ファンを作るため、「LIG社員時計」、「個人メッセージボード」、「LIG社員アバター」、「ステマ商品アイテム」など4つの企画を提案した「『LIGファンを作る』ためのTOPビジュアル運用とアバター実装計画」(なかにしさん)が選ばれた。

LIG メディア事業部 部長の寺倉そめひこ氏は、「課題が”常識を覆す”ということで難しいテーマと思われたが、企画のほとんどがそのテーマをクリアしており、どの企画書を見ても楽しませてもらった。今回もらった応募の中から、現在LIGの企画チームで実行可能な企画をまとめており、いくつかは形にしていこうと考えている」とコメントしている。

お役立ち情報[PR]