お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ケンタッキー、半熟に仕上げたたまご入りの和風味「月見ツイスター」&「コーンポタージュフリッター」発売

「月見ツイスター」※写真はイメージ

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、和風味のラップサンド「月見ツイスター」(330円)と新サイドメニュー「コーンポタージュフリッター」(150円)を9月5日から発売する。(一部販売しない店舗あり)

「月見ツイスター」は、骨と皮のないカーネルクリスピーと、半熟に仕上げたたまごを組み合わせた秋限定の商品。カーネルクリスピーには、かつおと昆布の旨味を味わえるしょう油ベースの和風だれをからめ、七味唐辛子でアクセントをつけている。

ほかにも、キャベツや小さくカットした兵庫県産の焼きのり、特製マヨソースを一緒にトルティーヤで巻いている。

月見ツイスター1個とフライドポテト(S)1個、ドリンク(M)1個をセットにした「月見ツイスターセット」(580円)も発売されるとのこと。

「コーンポタージュフリッター」は、スイートコーンの粒が入ったコーンポタージュをサクサクの衣で包んで揚げた一品。創業者カーネル・サンダースの手記『世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝』に記されたレシピをヒントに開発している。数量限定のため、なくなり次第販売を終了するとのこと。

「コーンポタージュフリッター」※写真はイメージ

お役立ち情報[PR]