お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

マクドナルド、新100円~200円価格帯商品「バリューピックス」を発売

日本マクドナルドは、4月19日より一部店舗で、新しい地域別価格の導入についての検証を開始。また、100円から200円価格帯商品の充実を目的に「Value Picks(バリューピックス)」の展開を開始する。

●大阪、岐阜、茨城、宮城で、新価格検証を開始

今回の地域別価格検証は、2007年より導入している都道府県別を基本とした6区分の地域別価格を、都道府県に関係なく9区分(予定)の地域別価格に細分化。各地域の需要にそくした価格で、商品を提供することを目的に実施する。

4月19日から段階的に、この新しい地域別価格体系の検証を実施。これをもとに、全国の店舗への導入を進めていく。

検証実施地域は、大阪23店舗、岐阜10店舗、茨城7店舗、宮城9店舗。検証店舗における新地域別価格の一例は、「てりやきマックバーガー(単品)」が290~320円(旧価格270~280円)、「ビックマック(単品)」が330~360円(旧価格290円~320円)、「バリューセット」が460~790円(旧価格460~790円)、「ハッピーセット」が410~480円(旧価格420~490円)とのこと。

なお、新価格帯と旧価格帯が同じメニューにおいても、個店舗単位では価格が変更している場合がある。

●100円・120円マックは一部価格を改定

5月7日からは、チーズにビーフパティを2枚サンドした新商品「マックダブル」をはじめ、「チキンマックナゲット5ピース」「マックフライポテトSサイズ」などをラインナップした「バリューピックス」を新たに導入。また、「100円マック」、「120円マック」として販売してきた商品について、一部商品の価格改定を行う。

価格が改定される商品は、100円で販売されていた「ハンバーガー」(新価格120円)と、120円で販売されていた「チーズバーガー」(新価格150円)なる。

■「Value Picks(バリューピックス)」メニュー一覧

・【新商品】マックダブル 190円
・チキンマックナゲット(5ピース) 190円
・マックフライポテトSサイズ 150円
・チキンクリスプ 100円
・マックシェイクSサイズ 120円
・ホットアップルパイ 100円
・ソフトツイスト 100円
・ドリンクSサイズ 100円
・ジューシーシャカシャカチキン 120円

お役立ち情報[PR]