お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 生活

植物にお酒・・・”お気に入りの空間”コンサバトリーがもたらすぬくもりのある暮らし

家の中に、“自分だけのお気に入り空間”がある生活って憧れますよね。読者アンケートによると、そんな夢の空間を実際に持っている人は22%。「好きな音楽を流しながら洋裁」「サロン風のアロマ部屋に美容機器を置いて自分磨き」「観葉植物で埋め尽くしている」「自分で作った畳の小上がりスペースでゴロゴロしながら読書」と、みな思い思いのリラックス空間を作り上げているようです。今回は、そんなくつろぎの空間を作るヒントを探してみました!

もしコンサバトリー(サンルーム)があったら何をしたい?

今後、くつろぎの空間として注目が集まりそうなのが「コンサバトリー」。簡単にいうと、屋内と野外の中間的な空間で、サンルームのような場所。欧米では、ガラス越しに太陽の光をたっぷりと取り入れたその空間で、食事をしたり、植物を育てたりするなど、くつろぎの場として活用されています。そこで、「住まいにコンサバトリーがあったら、どんな使い方、過ごし方をしたい?」とのアンケートを実施したところ・・・・・・

※マイナビウーマンにて2015年6月にWEBアンケート。有効回答数300件

機能面を考える堅実派からは、「洗濯物を干す」(30歳/医療・福祉)、「家庭菜園を作りたい」(32歳/ソフトウェア)、「ガーデニングがしたい」(21歳/自動車関連)といった合理的な活用法が上がってきました。一方、「夜空を見ながら晩酌」(33歳/医療福祉)、「休日に自然光を浴びながらご飯」(29歳/主婦)、「ハンモックをとりつけて昼寝」(25歳/小売店)など、シチュエーションを活かして楽しみたい派も多数。中には「マッサージチェアや美容家電を置いてメンテナンスルームに」(33歳/情報・IT)、「鳥かごを置いて鳥の歌を聞く」(37歳/商社・卸)といった独創的な声も。お気に入り空間には、たくさんの夢が詰まっているようです。

自分次第で使い方自在!快適な家事空間+αをかねたリビング一体型のコンサバトリー

実は、ブリリア・ブルーモワが開発した「ブリリア日本橋三越前」には、すでにそんな憧れの空間が誕生していました! 二面開口、出部屋形状など、建物の特徴を活かした「コンサバトリー」を実現。可動式の竿も設置されており、洗濯物の室内干しはもちろん、植物を吊るしてグリーンルームとして楽しむこともできます。ほかにもヨガルーム、ティーサロン、ゴルフのパター練習など、アイディア次第で自在に変化する空間に!

また、コンサバトリーに注ぐ光が、ガラスのドアで隔てたリビング・ダイニングへと広がり、心地よい一体空間を作っているのも魅力。カウンターの素材、カップボードやドアのカラーなどを選べるキッチンとリビング、コンサバトリーのインテリアテイストをさり気なく合わせるのも、おしゃれですよね。家のなかでいちばん長くいる場所、人が集まる場所であるリビングに、“+α”の空間としてコンサバトリーがあると、もっと楽しくて、もっと安らぐ毎日が訪れそう!

マンションにコンサバトリーができるまで

好きなスタイルをカスタマイズ! “選べるスタイル”がもたらす「自分らしい空間」

家のなかにお気に入りのモノ、心地よい場所があればあるほど、心は満たされ、毎日が充実するもの。ブリリア・ブルーモワでは、働く女性が自分らしくいられる空間にこだわり、ライフスタイルに合わせてカスタマイズできる住まいを提案しています。たとえば「ブリリア日本橋三越前」なら、それぞれのライフスタイルに合った4つの間取りプランから選べるそう。たとえば“土間”というアイデアから、玄関から廊下をつなぐ大容量の収納スペースを確保した「Bloomoi Doma」もそのひとつ。スーツケースといった普段使わないものや、室内に入れたくない運動靴や雨に濡れたコートなどを、土間スペースに収納しておけます。

またキッチンから洗面室の水廻りを回遊できる導線を確保し、家事が効率的にこなせる間取りプランにも注目。背面キッチンの特色を活かして壁面に食器や小物をディスプレイしたりと、“選ぶ”ことで空間を自分仕様にカスタマイズし、よりリアルな“お気に入り空間”をつくることができるのです。

なんて素敵!スタイルから選ぶ間取りプラン

\こんな記事もオススメです!/

働き女子のリアルボイスがギュギュっと凝縮!10日間限定で叶った、実寸大“理想のお部屋”

これが働き女子の理想のリビングとダイニング!リアルな意見が導いたひとつの完成形

夫婦で寝室は一緒、それとも別?寝室・キッチンのレイアウトにみる自分らしい部屋の作り方

植物にお酒・・・”お気に入りの空間”コンサバトリーがもたらすぬくもりのある暮らし

欲しかったのはこんなクロゼット!自分らしさをかなえるアイディアいっぱい”進化系”収納

キッチンを大好きな空間に!働く女子の憧れとこだわりをかなえる住まいの注目プロジェクト

私と未来の家族が暮らすのはどんな部屋?働く女性の注目のプロジェクト

「働く女性がもっと幸せになる住まい」をテーマに、リアルな声を採り入れた商品・サービスを形にするプロジェクト。単にモノを作り出すことではなく、働く女性それぞれの生活に寄り添い、共感を得ながら幸せを実現する住まいを提案しています。ライフスタイルやデザインの好みなどに合わせてセレクトできる「選べるキッチン」や、「ライフスタイルから選ぶ間取りプラン」、「スマートな洗面化粧台」など、これまでに開発した商品は実用性とオシャレなデザインを兼ね備え、働く女性の共感を呼ぶものばかり。プロジェクトの詳細は公式サイトやFacebookをチェックして!

Bloomoi。私らしく、心咲く毎日を

提供:東京建物株式会社

お役立ち情報[PR]