お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR スキンケア

「あの人“老け顔”」って思われてるかも!? 印象を左右する顔面Q&A

そろそろ「シミ」が気になり始める30代。肌を暗く見せるシミは、実年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。中でも、治りにくいといわれる「肝斑(かんぱん)」というシミがあるのだとか。いったいどんなシミなのか、気になる実態にQ&A形式で迫ります!

30代でも要注意!「肝斑」のせいで”老け顔”化してるかも!?

illust1-2

最近、ほほ骨の辺りにシミが広がり、目立ってきたような気がします。30歳を過ぎたらよくあることなのでしょうか?

もしかしたら、一般的なシミではなく「肝斑」の可能性があります。次の10項目をチェックしてみて。

1  30~40歳代にシミが突然できた

2  シミがほほ骨に沿って、または目尻の下あたりに左右対称にある

3  シミの形は円形ではなくもやっと広がっている

4  季節によって濃さが変わる

5  シミが目のフチを避けて出ている

6  妊娠したことがある、または経口避妊薬を服用している

7  紫外線対策やビタミン補給ではなかなか効果がみられない

8  フェイスマッサージをしっかりやるほう

9  日常、強いストレスを感じている

10  レーザー治療で逆に悪化したことがある

 

チェックの数が多いほど「肝斑」の可能性が高くなります。あなたのシミは、いくつ当てはまりましたか?

「肝斑」は両頰に沿って、もやっと現れることが多いシミ

ほほ骨に沿って、または目尻の下あたりに左右対称で面に広がって出現しているシミは「肝斑」の可能性が大!「肝斑」は30~40歳代に発症することが多いシミで、高齢になってからの発症はあまりありません。30代から増えてきて、3人に1人は肝斑があると自覚している調査結果もあるくらい、珍しくないシミなんです。

タイプいろいろ! シミの種類を見る

illust1-2

チェックしたところ、たしかに私のシミは「肝斑」みたい。でも、日焼け止めも塗っているし、スキンケアもしているのに……。何が原因で「肝斑」ができてしまったの?

「肝斑」の原因としては、女性ホルモンのバランスの乱れが関係しているといわれています。妊娠、経口避妊薬の服用がきっかけとなることもあります。また「シミができた!」というストレスが、さらに症状を悪化させるという悪循環もあるように、ストレスとの深い関係性も指摘されているんですよ。

illust1-2

普通のシミのように、紫外線ブロックや美白スキンケアでは「肝斑」対策はできないの? いったいどうすればいいの?

美白スキンケアでシミをケアするのは、時間がかかるし根気が必要ですよね。でも「肝斑」は、飲み薬でケアできるんです。
めやすは8週間。肌のターンオーバーは4週間ともいわれてますからその2回分の時間にあたる期間トラネキサム酸を服用することで、「肝斑」の改善効果が確認されています。

トラネキサム酸についてもっと知りたい

illust1-2

トラネキサム酸は、長期間服用しても大丈夫なの?

トラネキサム酸は、医療用医薬品として長く使われてきた実績のある成分で、「肝斑」の改善効果でも知られています。アミノ酸の一種で、喉の腫れや口内炎の治療薬、歯磨き粉などにも使われているんですよ。皮膚科でも「肝斑」と診断されれば、主にトラネキサム酸が処方されます。その場合、8週間以上継続して服用する場合もあります。

illust1-2

トラネキサム酸はどこで手に入るの? 皮膚科に行かないとダメ?

ドラッグストアで、トラネキサム酸を含む内服薬が購入できます。朝と夜、1日2回の服用で、服用のめやすは8週間です。

皮膚科医がレクチャー!「肝斑」対策

朝と夜に飲むだけ!『トランシーノII』で8週間集中ケア

transino-2

市販薬で唯一の肝斑改善薬

『トランシーノII』の購入はこちらから

『トランシーノII』は、シミ「肝斑」を改善する効果が認められた唯一の市販薬。皮膚科に通う時間がなくても、近所のドラッグストアで手に入れることができます。一般的なシミは、皮膚科でのレーザー治療、エステでの施術、高額な美容液などで対処することが多いですが、「肝斑」の内服薬は、それらと比較しても手軽にはじめられるし、コスパもよいといえそうです。

高い効果を確認! 8週間の『トランシーノII』服用データ

トランシーノII 評価時期別色素沈着改善度
(スキントーンカラースケール判定)

deta

上のグラフはスキントーン・カラースケール判定における色素沈着改善度の改善率です。評価時期別色素沈着改善度は、2週後、4週後、6週後、8週後での改善率※(やや改善以上)29.5%、62.6%、73.7%、85.2%と推移しました。また、著明改善例及び改善例も2週後から確認でき、8週後まで経時的に上昇しました。

※改善率 =(著明改善例数 + 改善例数 + やや改善例数)/ 合計

1日2回、8週間(2カ月)の服用で、「肝斑」に対して高い効果を確認できました。

8週間で対策!『トランシーノII』

『トランシーノII』の購入はこちらから

illust1-2

とはいえ、シミを改善する薬だし、やっぱり高価なんですよね……?

「肝斑」を改善するまで8週間服用を続けられる240錠入りなら、1日のコストはわずか105円。レーザー治療や高額な化粧品を続けることを考えたら……。ぜひ、コスパにも注目してみて。

『トランシーノII』の購入はこちらから

提供:第一三共ヘルスケア

お役立ち情報[PR]