お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大人の女性なら押さえておきたい! 和洋コース料理基本のテーブルマナー

大人の女性なら押さえておきたい! 和洋コース料理基本のテーブルマナー

偉い人からのお呼ばれや大事なデート、ちょっとかしこまった食事会など、上品なお店での食事はちょっぴり緊張するもの。とはいえ、大人の女性の常識としてテーブルマナーは必須です。

覚えておいて損はないので、ぜひ勉強しておきましょう。

洋食のマナー

基本のマナー

フランス料理などの洋食のテーブルマナーではどんなことに気を付けたらいいのでしょうか。

イメージ

カトラリーは外側から順に使う

洋食では基本的にナイフとフォークを使います。

フランス料理は料理ごとにカトラリーを使うため、席に着いた時点で複数のナイフやフォークが並んでいます。複数並んでいるときは、外側から使っていきましょう。

コース料理でメインなどのメニューを選択する場合は、選んだ料理に合わせてウエイターが適したカトラリーに変えてくれます。置かれたカトラリーを料理ごとに外側から使っていけば問題ありません。

ナイフとフォークの使い方

右利きの人は、左手にフォーク、右手にナイフを持ちます。左利きの方はその逆になります。軽く人差し指を添えて、肩に力を入れすぎないように持つときれいに見えます。

食事の途中にナイフとフォークを置くときは、お皿の上にハの字になるようにのせます。食事を終えたときは、右下に斜めにそろえて置きます。このテーブルマナーを取り違えると、食事中にお皿を下げられてしまったり、食べ終わったのにいつまでもお皿を下げてもらえない状態になったりするので、気を付けましょう。

ナプキンは折り目を手前に

席に置かれているナプキンは、ドリンクが運ばれてきたタイミングでひざに置きましょう。二つ折りにして折り目を手前にし、太ももの上にそっと置きます。

もし食事中に席を立つときは、ナプキンを軽くたたみ、背もたれか椅子の上に置いておきましょう。

食事が済んだらパッとたたんでテーブルの上に置きます。

口を拭くときはナプキンの内側で

食事中に口や手を拭くときは、膝にあるナプキンの内側を使って拭きます。きれいなナプキンを汚したくないと思いがちですが、自分のハンカチなどで拭いてしまうと、お店の人に「このナプキンは汚れている」という意思表示になってしまいます。

ただ、あまりに汚すと見た目が汚いので、拭くときはナプキンの内側の端を使い、自分にも周りにも見えない部分で拭くようにしましょう。

食事のとり方

では、実際に食事をとるときのテーブルマナーを見ていきましょう。

イメージ

スープは音を立てずに飲む

スープを飲むときはスプーンを使います。スプーンの縁に口をそっと付けて、音を立てずに流し込むように飲みましょう。

スープのすくい方には2種類あり、お皿の手前から奥に向かってすくうイギリス式、奥から手前に向かってすくうフランス式の2種類があります。基本的にはどちらでも問題ないです。

量が少なくなるとスプーンですくいにくくなりますので、お皿を少し傾けてスープがたまったところをそっとすくっていただきましょう。

パンはちぎって食べる

パンをお皿に載せてもらったら、基本的にはいつ食べても問題ありません。もちろん料理が運ばれてくるまで食べずに待っていても大丈夫です。

パンを食べるときは、食べる分だけちぎって口に入れます。直接ガブッとかじりついたり、大きめにちぎってかじったりせず、一口大ずつ食べるようにしましょう。

ワインのグラスは下の方を持つ

ワイングラスは、グラスの足を親指、人差し指、中指の3本で持ち、薬指で支えます。ワインが入っている部分を持ってしまうと手の温度でぬるくなってしまうので、なるべく足の下の部分を持つようにするといいです。

肉料理は一口ずつ切って食べる

パンと同じように、肉料理も食べる分だけナイフで切り、口に運びます。

最初にバラバラに切ってからフォークだけで食べるのは、料理の見た目が悪くなるのはもちろん、冷めてしまったり肉の旨みが流れ出てしまったりと味にも支障が出ますので、やめましょう。

魚料理を切るときは力を入れずに

魚料理は1匹をまるごと調理されて出される場合と切り身で出てくることがありますが、どちらもあまり手に力を入れず、ナイフをスライドさせるように切ると身をつぶさずにきれいに食べることができます。

もし平べったい形状のフィッシュスプーンを使うときは、左手のフォークで魚を押さえながらフィッシュスプーンで身を切り、ソースとともにすくって食べます。切った身をフォークで刺して食べても大丈夫です。

また、骨が口に入ってしまったときは、ナプキンで口を覆ってサッと骨を出しましょう。

これだけはNG!

洋食でのテーブルマナーでやってはいけないことを覚えておきましょう。

イメージ

落としたカトラリーを拾う

フォークやナイフなどをうっかり落としてしまったときは、自分で取らずウエイターを呼びましょう。新しいものと交換してくれます。

また、ナプキンも落としたときは自分で拾わずに人を呼ぶようにするのがマナーです。

音を立てる

ガチャガチャとナイフやフォークの音や、スープをすすったりする音は洋食のテーブルマナーでは絶対NG。できるだけ音を立てずに上品に食事をしましょう。

そばやラーメンをすするなど日本では音を立てて食べてもいい食事の仕方もあるため、つい音が出てしまうことがあります。また、ナイフやフォークを使うのが慣れないと力が入ってしまい音が鳴りやすくなるので、日ごろから音を立てない食べ方を意識的に練習しておくといいかもしれません。

ナイフ置くときは刃を外側に向けない

食事中や食事が終わった後、お皿にカトラリーを置く際に、ナイフの向きは刃が自分を向くようにしましょう。

外側を向けると、刃を食事相手に向けることになるため、失礼に当たります。

右利きの人はナイフの刃は常に左、左利きの人は常に右を向くように意識しておきましょう。

料理のシェアや交換はしない

家族や親しい人と食事をするときに「一口ちょうだい」と料理を交換することは一般的にありますが、正式な洋食の席ではNG行為。自分のお皿のものだけを食べるようにしましょう。

どうしてもシェアをしたいときはお店の人に頼んで取り分けてもらいましょう。

足を組んで食べる

食事中に足を組むのはマナー違反。行儀が悪い上に、姿勢が悪くなり見た目がよくありません。また、横柄な印象を与え、相手にも失礼に当たります。

きちんと足をそろえて食事をするようにしましょう。

和食のマナー

基本のマナー

では、今度は和食のマナーについて見ていきましょう。和食でのテーブルマナーではどんなことに気を付けるべきなのでしょうか。

イメージ

箸の使い方

箸の持ち上げ方は和食のテーブルマナーの基本。この所作が美しいと全体的にきれいに見えるので、ぜひ覚えておきましょう。

1.右手で箸の真ん中あたりを持ち、持ち上げる

2.箸の左側に左手を下から添えて持つ

3.右手を返して箸の下へ入れて箸を持つ

4.左手を外す

※左利きの場合は左右が逆になります。

また、箸を置く際は上記の手を逆の順にして置きます。左手を箸の下に添え、右手を上に返し、口につける方(箸の左側)を箸置きに置きます。

もし箸置きがない場合は、箸袋や紙ナプキンで箸置きの代用品を作ったり、お盆のふちを箸置き代わりにしたりして、直接テーブルに置かないようにします。

食事のとり方

テーブルマナーに基づいた和食の食べ方とは、どんな作法があるのでしょうか。

イメージ

味の薄いものから食べる

一品ずつ運ばれてくる洋食ではそのまま順番に食べていけば大丈夫ですが、和食は最初からお膳に何品か載っていることが多いので、どれから食べたらいいのか迷いますよね。

実はどんな食事でも、味の薄いものから食べるようにするのが基本のルール。和食の場合は、汁物からいただきましょう。

これは味の濃い薄いだけでなく、汁物で箸を湿らせておくことで、ご飯粒が箸につきにくくなることが理由です。

次にご飯をいただき、最後におかずを食べます。この順番を繰り返しながら食事を進めていきましょう。

汁物

汁物には大抵、蓋がついています。席にいる目上の方が蓋を取るまでは蓋を開けずに待ちましょう。

蓋を取る際、左手を添えて右手で蓋を取ったら、蓋の裏に水滴がついていますので、半月を描くように動かして水滴を外に垂らさないようにします。その後蓋を裏返して左手の上に載せ、お椀がある側の奥に置きます。

食べ終わったときは、元のように蓋をきっちりかぶせておきましょう。

魚料理

魚料理は食べ慣れないと「難しい」と感じますが、基本的な食べ方と魚の構造を理解しておけばそんなに難しくはありません。

魚料理は左側を頭にして配膳されます。背骨をはさんで上と下に身があり、食べる方向は左から右。この構造と順番をよく覚えておきましょう。

サンマなどの焼き魚を想定しますと、箸で魚の上側の身を左から右にかけて少しずつ食べ、次に背骨を外し、下の身を左から右に食べていきます。上から食べていくのがマナーですので、下の身を食べる際に魚を裏返しにしないように気を付けましょう。

背骨を外すときはお箸を骨と身の間に入れて取りますが、場合によっては手を使って骨を外すのも問題はありません。海老や貝類をいただく際も同様で、手を使って殻をむくのはOKです。

懐紙を持っておけば、手を汚さずに骨を外したり、食べられない骨や皮をくるんだりできるので、よりきれいに食べられます。

お刺身の場合は、わさびを刺身にのせて醤油につけていただきます。醤油にわさびを溶かすのはマナー上NGです。また、醤油が垂れそうなときは、醤油皿と別の小皿を左手で持って食べると汚さずに食べられます。

天ぷら

天ぷらは揚げたてが最もおいしいので、提供されたら早めに食べましょう。

盛り合わせの場合、食べる順番は手前から。手前に味の薄い淡泊な食材が置かれ、奥に向かって味の濃い食材へと計算されて盛り付けられているからです。

天つゆでいただくときは、つゆに薬味を入れて天つゆの器を左手で持ち、衣がふやけない程度につけて食べます。

塩で食べるときは、天ぷらを直接つけずに指で塩をつまんで天ぷらに振っていただきましょう。

これだけはNG!

ついやってしまいがちな和食のNGテーブルマナー。日ごろから意識しておくと安心です。

イメージ

箸のマナー

何気なく使っている箸ですが、実はたくさんのNG作法があります。

  • 刺し箸…料理に箸を刺して食べる
  • 迷い箸…どの料理から食べるかを迷い、箸をあちこちに動かす
  • 返し箸…箸の逆側(持ち手側)で食べ物を掴む
  • もぎ箸…箸についたご飯粒などを口で取る
  • 渡し箸…小鉢やお皿を箸置き代わりにする

また、箸を持ったまま相手に向けたり、箸を置く際に相手側に口をつける方を向けたりすることもNGマナー。失礼に当たります。

ばっかり食い

和食では、1つの品をいっぺんに食べていく食べ方(ばっかり食い)はNG。汁物、ご飯、おかずをまんべんなく食べる「三角食べ」が基本です。

うまく交互に食べていくように心がけましょう。

手皿はしない

食べるときに左手を下に添えて食べる「手皿」は、一見品のよさそうな所作に見えますが、実はマナー違反。

手皿をすると、汁や食材がこぼれたときに手が汚れてしまい、あまり美しく見えないからです。

こぼさないように気を付けて食べることがマナーですが、気になるときは小皿や懐紙を下に添えて食べると安心して食べられます。

まとめ

イメージ

改まった席での食事はファッションやメイクにも気遣いをするもの。見た目がきっちりしているだけに、正しいテーブルマナーができていないと目立ちますし、がっかりされてしまいます。

一度覚えてしまえばだんだんと身についていきますので、日ごろから正しい食事のマナーを意識して、所作の美しい大人の女性を目指しましょう。

提供:クレディセゾン

SHARE