お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 国内旅行

絶品料理がめじろおし! 女子こそ行きたい“プロ野球キャンプ地旅”のコツ ♡【グルメ編】

2月の季節行事といえば、バレンタインデー……だけでなく、プロ野球キャンプが大盛り上がりする時期です! もちろんステキな選手を応援するのが醍醐味ですが、キャンプシーズン中は地域全体が盛り上がるので、ご当地グルメを味わうのにもピッタリ。野球ファンでもそうでなくても、キャンプ地女子旅を楽しめること間違いなしです♪ そこで今回は、とっておきの“キャンプ地グルメ”をご紹介します!

女子が行きたいキャンプ地一覧

直撃インタビュー♡イケメン選手に聞く、キャンプの見どころ

せっかく宮崎に来るなら食べてほしい逸品!
選手&コーチがオススメする宮崎グルメは?

せっかくキャンプ地に行くのなら、選手や応援に来たOB、コーチ陣も通うお店に行って「もしかしたら、会えちゃうかも?」とワクワクするのも醍醐味!
今回は特別に、2年連続日本一に輝いたソフトバンクホークスの選手・コーチに、おすすめのグルメスポットを直接お聞きしてきました!

笠谷選手・釜元選手
おすすめグルメはココ!

嵐坊(らんぼう)

イケメン選手お2人が「よく行くお店」と教えてくれたのは、鶏もも炭火焼専門店「嵐坊」。ソフトバンクホークスの選手だけでなく、他球団の選手、OBやコーチ・監督陣まで訪れる野球選手御用達の名店です! 大量の炭で一気に焼き上げるもも焼きは、びっくりするほどジューシー! ただ、料理だけでなくフレンドリーな大将の人柄もお店の特徴。大将に聞くと選手のエピソードを教えてもらえるかも!?  お値段もお手頃で、店内はいつも賑やかです。キャンプシーズンは込み合うので、予約は必須!

大きな炎で鶏を焼く名物大将。

選手御用達だけあって、サインや写真もびっしり!

「鶏もも炭火焼専門店 嵐坊」をくわしく見る!

笠谷選手・釜元選手の素顔を拝見♡インタビューはこちら

\この方にも聞いてみました!/
入来コーチおすすめグルメ

取材中、宮崎グルメの魅力をたっぷり教えてくださったのは、2015年からコーチを務めている入来祐作さん。宮崎県出身ということもあり、宮崎グルメに関しては球団内随一の情報ツウ。そんな入来コーチに、選手&監督陣も通う隠れた名店を紹介していただきました♪

丸万(まるまん)

昭和26年創業の「丸万」は、炭火もも焼き元祖の店。ベテラン選手や監督、コーチから愛されている名店です。1番の定番は「もも焼き」。「とり刺し」と同じ新鮮なもも肉を、骨付きで、炭火で香り高く照り良く、外はこんがり中はレアでジューシーに焼き上げています。注文時に「骨付きで」とお願いすれば、1人1本ずつダイナミックにかぶりつくこともできちゃいますよ♪

手羽焼き(タレ)。ジューシーなお肉に甘辛ダレがよく合います♡

新鮮なとり刺し・とりタタキ。どのメニューも鳥の旨味が引き立って絶品!

「丸万」をくわしく見る!

黒兵衛(くろべえ)

餃子店「黒兵衛」のメニューは、餃子のみと潔いシンプルさ。皮はパリパリ、具はジューシーと、さすが創業40年の焼き上げです。 おいしさへのこだわりは食材にも表れています。ニンニクは青森産を使用し、企業秘密の下処理を行ってニオイを抑えているそう。野菜類と肉は宮崎産。皮は機械を使わず手ごねで毎日手作りしているんだとか! カウンター席なので、運が良ければ選手と肩を並べられちゃうかも♡

壁一面に、野球選手や芸能人のサインがずらり!

その日に作った餃子しか出さないとのこと。いつでも出来立てを味わえます。

「黒兵衛」をくわしく見る!

★ 番外編 ★ 侮るなかれ! 出店で楽しめる宮崎グルメもアツい♡

キャンプに来たら、ぜひ楽しみたいのが練習場の出店グルメ。スタジアム前には、地頭鶏の炭火焼や、宮崎牛の串焼きなど、宮崎名物がズラリ! 選手からは「練習中に匂いが漂ってくると『食べに行きたい!』って気持ちになっちゃう」という声が上がるほど、食欲をそそる豊富なラインナップです。牧場のソフトクリームや芋菓子などのスイーツも食べられます♪

\ Pick up!/

宮崎辛麺。カロリー控えめのこんにゃく麺を使用しているヘルシーな逸品! 辛さが選べるので、子供から激辛マニアまで楽しめます。

宮崎の郷土料理「ねりくり」。お芋をもっちりと練り上げて、きな粉をまぶした素朴なおやつです。やさしい味にヤミツキ!

ソフトバンクホークス春のキャンプ地「生目の杜運動公園」をくわしく見る!

宮崎市内でお土産を買うなら「なんじゃこら」なスイーツを♡

インパクト大のお土産を探すなら、おすすめは昭和26年創業の「お菓子の日髙」。レモンケーキやチーズ饅頭など、宮崎オリジナルのお菓子がたくさん並んでいますが、なかでも人気を呼んでいるのが「なんじゃこら大福」です。大福の中に、イチゴと栗とクリームチーズが全部まるごと入った圧巻のボリューム! 大きさは野球ボールほどもあり、まさに「なんじゃこら!」な逸品です♪

「お菓子の日髙」をくわしく見る!

練習を見て感動をもらい、美味しいものからパワーをもらう♡
この冬はキャンプ地旅で決まり!

今回、お伝えしたのは宮崎市内のグルメスポットばかりでしたが、市街に出れば高千穂峡や宇土神宮など観光スポットや絶景スポットもいっぱい。少し足を伸ばして、最南端の都井岬まで出ると、なんと野生の馬を見られる土地もあるんです。
時には温泉でリラックス、時には絶景に眼福、そしてもちろん選手にドキドキ……と女子心をフルで満たされるプロ野球キャンプ地旅。今冬、宮崎行きの計画を立ててみませんか?

選手にインタビュー! “プロ野球キャンプ地旅”のコツ
【選手編】

「いつもNAVI」では「プロ野球キャンプ特集 2019」を1月23日から開始。宮崎市だけなく、球団すべてのキャンプ地情報を網羅しています。キャンプ情報のほか、ご当地グルメから観光スポット、さらに旅を楽しむコラムも充実。キャンプ地女子旅を目一杯楽しむなら必見です♪
ぜひ、キャンプ地旅の計画に役立ててみて!

『いつもNAVI』のキャンプ地特集を見る

『いつもNAVI』で旅行の計画を立てる

提供:ゼンリンデータコム

お役立ち情報[PR]