お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR (PR)快眠スタイル

睡眠でキレイになるための秘訣 寝る前の“ひと工夫”と〇〇が大切らしい

イメージ

疲れが溜まった金曜日。会社帰りの電車の中で、ふと、窓ガラスに映った自分を見て、「これ本当に私? やつれてる!!」とギョッとした経験はありませんか? どんなに高価な美容液を使っていても、内側からのケアには敵いません。食事や運動など生活を見直すことが“キレイづくり”には必須です。中でも、「睡眠」は見落としがちですが、キレイになる要素がいっぱい。ちょっとした工夫をするだけで、翌朝のメイクのノリも将来の美しさも変わってきますよ♪

教えてくれるのはこの人! 小林麻利子さん

イメージ 生活習慣改善サロンFlura主催。ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター。最新のデータや研究を基に女性の自律神経の改善を行う。睡眠と入浴を中心とした、生活に合った無理のない実践的な指導が人気を呼び、サロンは予約1年待ちの人気。新著『あきらめていた「体質」が極上の体に変わる』(ダイヤモンド社))

10年後の美人を作る!? 睡眠と美容の関係

美肌づくりにはもちろん、ダイエットや疲労とも大きな関係がある「睡眠」。“寝れば疲れが取れる”というのは、日々実感できますが、実は10年後、20年後の美容や健康にも関わってくるんです。 「睡眠は、深い眠りと浅い眠りがあり、浅い眠りにも意味があります。短時間睡眠が最近流行っていますが、長い時を経て体にひずみが生じるおそれがあります。短くても6時間半はしっかり眠ってほしいですね」(小林麻利子さん)
つまり、良い睡眠を日々積み重ねれば、10年後のキレイにも効果があるということ。では、実際にどうしたら良いのでしょうか? 安眠のための“ひと工夫”を教わってきました。

教えて! 睡眠でキレイになる“ひと工夫”

Lesson1:眠りにつく前の準備

イメージ

「ぐっすり眠れるように自律神経の副交感神経が優位になるような行動をしましょう。ポイントは就寝15分前に行うこと!」

《副交換神経が優位になるとどうなるの?》
●血圧や体温が下がる
●呼吸や心拍がゆっくりとなる
●手足が温かくなる

小林さんがオススメする、就寝15分前のポイントはこちら! 一つでもいいので、寝付けない夜などに実践してみましょう!

《コレがオススメ》
●精油のラベンダーをコットンにたらし、約2分間嗅ぐ
●「3秒吸う→2秒息を止める→5秒かけてゆっくり吐く」のペースで深呼吸する
●自分が伸ばしたいと自然に思う方向に手足をゆっくりと伸ばし、血流を促す

Lesson2:「寝具」を見直す

イメージ

眠りに入る準備が整ったら、いよいよお休みタイム。でも、ちょっと待って! あなたの睡眠環境は大丈夫!? 小林さんによると、パジャマやシーツまでもが“良い眠り”に関係するそう。 「睡眠に適した温度は26度。この温度を保ち、さらに理想的な寝姿勢を保つことが良い眠りには必要不可欠です。パジャマやシーツは、通気性・吸湿性に優れた天然素材のものを。また、寝具は背中や腰に負担がかからず、寝返りのうちやすいものを選びましょう」

イメージ

眠っているのに疲れる!? その原因は?

快適に眠るためには、適切な寝具が必要とのことですが、一体どうしてなのでしょう?
「腰などが深く沈んで不自然な姿勢となると、寝苦しくて何度も起きてしまったり、寝返りが打ちにくかったりします。そのために無駄な力がかかり、余計に疲労を感じてしまうことも……」(小林麻利子さん)
本来、疲労を取り除くはずの睡眠で、疲れてしまっては本末転倒! 「しっかり寝たのに、なぜかクマができている(涙)」なんて経験がある方は、一度、寝具を見直すべきかもしれません。

イメージ

マットレス選びで睡眠の質は変わる!!

「腰や肩など凹凸のある人間の体と床との間にできた隙間を埋めるためのもの、それがマットレスです。昔ながらの布団では、体圧の分散がなされません」(小林麻利子さん)
つまり、質の良い睡眠へ導くには、体の負担を減らしてくれる「マットレス」が重要な役割を担っているということ!
「柔らかすぎると寝返りが打ちにくくなり、硬すぎると腰に負担がかかって翌朝の体の痛みに繋がってしまいます。適度な弾力があるものを選んでくださいね」

イメージ

寝姿勢とマットレスの関係って?

実は、人は一晩で20回ほど寝返りを打つため、仰向け寝も横向き寝も様々な寝方を自然にしているそう。とはいえ、「横向きじゃないと寝付けない」など寝姿勢にこだわりがある方もいるのではないでしょうか。
「寝入りの姿勢が、横向き寝が多い方は、横向きに寝ころんだときに肩に違和感がないものを選ぶとよいでしょう。また、仰向け寝が多い方は、体の一部分の沈み込みがなく寝姿勢をキープできるものがいいですよ」(小林麻利子さん)

イメージ

ぐっすりスヤスヤを実現する「マットレス」を詳しく見る

睡眠でキレイになるプロジェクト発動!
自分にピッタリの「マットレス」を選ぼう

イメージ

では、どんなマットレスが自分にピッタリなのか、実際に探っていきましょう。

《タイプ別マットレスの選び方》

●汗をかきやすい、体重が重めの方
⇒通気性や耐久性がよいボンネルコイルスプリング。体を面で支えます。比較的安価ですが、きしむ音が気になるものも少なくありません。
●肩や腰などの痛みを軽減させたい方や2人以上で寝ている方
⇒コイル1つ1つが小さな袋に入って独立しているポケットコイルスプリング。体を点で支えるため、体圧分散に優れています。ただし、比較的高価な商品が多い傾向です。

《ここをチェック!》

お店で商品を選ぶ際には、下記のポイントはしっかりチェックしましょう。
□ 体圧が分散し、お尻部分にだけ体重がかからない
□ 寝返りがしやすい
□ 腰を下ろしたときに揺れやきしむ音はしない
□ 通気性・放湿性または吸湿性がよい素材、構造

「マットレスは、質がよくなればなるほど価格もあがるもの。でも、高い化粧水を買うよりも、睡眠の質をアップさせ、体の内側から美を磨く方が、何倍も効率がよいのではないでしょうか。最初は高いと思っても、長い目でみると実はおトクな買い物になるかもしれませんよ♪」(小林麻利子さん)

眠り心地はまるで天国♪
オススメ「マットレス」をピックアップ

イメージ
【HOME COORDY】高反発タイプベッドマットレス

デラックスな厚みのある高反発タイプのベッドマットレス。体に当たる部分はソフトな感触の低反発ウレタンが使われているため、圧力のかかりやすいお尻や肩の形に合わせてマットレスが沈みこみ、同時に体全体を支えます。そのため、まるで体が包み込まれているような寝心地です。少々、お値段は張りますが、その分、快適な眠りが得られるということ。将来の自分のために投資してみては?

イメージ
【HOME COORDY】高反発三折りマットレス

ベッド派ではなくお布団派にはこちらを。このまま敷布団としても使える三折タイプなので収納面も◎。住まいがコンパクトな都市生活者に嬉しいですね。
高反発タイプの大きな特徴は、しっかりとした寝心地であること、寝返りが打ちやすいこと。適度な弾力がバランスよく体を支えてくれるため、朝まで快適な寝姿勢を保てます。

イメージ
【HOME COORDY】年中快適 高反発タイプリバーシブル敷きパッド

こちらは睡眠時の温度を重視する方にピッタリの敷きパッド。面によって素材が異なるのが特徴です。夏場には「涼感面」、秋・冬・春は「起毛面」と使い分けることで、四季を通じて快適に過ごせます。
中芯は、高反発タイプウレタンフォームのため、寝返りが打ちやすく、しっかりとした寝心地。お手頃価格&敷きパッドため、今のベッドに組み合わせて、すぐ使えるのも嬉しいですね。

お店にはもっといっぱい! 「マットレス」の種類を見る

努力もガマンも一切不要!
毎日の睡眠で、キレイをちゃっかり手に入れよう

イメージ

睡眠タイムは、誰もが毎日とるもの。ダイエットやスキンケアのような我慢や努力は必要がないのに、ちゃっかりキレイになれちゃうのが“寝具を変えて、しっかり寝る”こと。
知らず知らずのうちに、体にキレイが蓄積されていくなんて、まるで魔法みたい♪
しかも、手に入るのはキレイだけじゃありません。疲労や体の痛みの状態も激変するので、毎日の快適さもグッと向上しますよ。
睡眠環境を見直して、密かに周りに差をつけちゃいましょ!

「マットレス」を変えて睡眠からキレイを手に入れよう

イメージ

イオンのプライベートブランド「HOME COORDY」。長く使える上質さ、シンプルさをテーマに、家具や生活雑貨を展開しています。
寝具シリーズの「快眠スタイル」では、マットレスに必須のカバー類も揃っています。オーガニックコットンや肌触りの良い天竺ニットなど質の良いシーツやカバーもお手頃価格。毎日の睡眠時間が愛しくなるような寝具を揃えて見ませんか?

「快眠スタイル」の寝具で10年後もキレイでいよう

提供:イオンリテール株式会社