お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 生活

働く女子のキレイは朝つくられる! 今日から「朝活甘酒」はじめましょ♪

仕事にプライベートに忙しいと、抜きがちになるのが朝食。ギリギリまで寝ていたい……、起きたばかりで体がご飯を受け付けない……など、さまざまな理由があるかと思いますが、朝食は1日の基礎代謝が変わるといわれるほど重要なものなんです。なかなか食事に気を配れない働く女子も、1日の活力の基礎となる朝食だけでも、栄養のあるものをきちんと摂取しませんか?

今日のキレイは朝からはじまる!
忙しい毎日をキレイにしてくれる「朝活甘酒」とは?

そこで働く女子に始めてもらいたいのが「朝活甘酒」。朝食に甘酒!?と驚かれるかもしれませんが、甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、最近美意識の高い女子たちの間で注目を集めている発酵食品です。甘酒には、必須アミノ酸やビタミンに加え、100種類以上の酵素が含まれているため、エネルギーを効率よく吸収できるので朝食にピッタリ。代謝アップのほか、疲労回復、美肌やダイエット効果もあり、女性にうれしいメリットがたくさんあるんです。

モチモチ食感がたまらない!
『十六穀でつくった麹あま酒』

最近の甘酒ブームで、多彩な商品がありますが、「朝活甘酒」におすすめなのが、新潟県新発田市の蔵元「菊水酒造」の『十六穀でつくった麹あま酒』。新潟県産米100%の米麹から作ったノンアルコールの発酵飲料で、淡いピンク色が印象的。中には黒大豆や発芽玄米、キヌアなどのスーパーフードも含めて穀物が16種類も入っているため、ヘルシーだし、食感も楽しめる新しいタイプの甘酒なんです。

『十六穀でつくった麹あま酒』の3つのすすめ

その1:十六穀のコク、キヌア・アマランサスなどスーパーフードも入っていて、モチモチとした食感もが食べ応え十分
その2:すっきりとしたのみ心地
その3:ノンアルコール、砂糖不使用の自然の甘さ

アレンジ次第で楽しみ方も豊富

豊かな香りとコクがあるので、そのまま飲んでももちろんおいしいのですが、この甘酒はアレンジも自由自在! 温めてホットにすれば、寒い朝も体を温めてくれるし、牛乳や豆乳で割ればスッキリとした甘さを堪能できます。だから飽きることなく、毎日「朝活甘酒」を楽しむことができるんです!

編集部A
豆乳と割って飲むのがマイブームになりました! 豆乳と混ぜると飲みやすくて、腹もちもよくて、朝の1杯が日課になりました♪

『十六穀でつくった麹あま酒』で「朝活甘酒」をはじめよう!

キレイなあの人も「朝活甘酒」をはじめてます♪

ボディメイクトレーナーとして活躍するRiccaさんも、「朝活甘酒」にハマっているそう。「職業柄、朝食の重要性は前からよく知っていましたが、やっぱり朝にご飯を食べるのってキツくて……。今まではフルーツやグラノーラを朝食に食べてましたが、フルーツは体を冷やすし、グラノーラはグルテンが気になるし、何かほかに朝食にピッタリなものがないか探していたときに、甘酒と出会ったんです。さまざまな種類を試しましたが、『十六穀でつくった麹あま酒』がマイブーム!」

「『十六穀でつくった麹あま酒』は、甘酒にありがちな独特な香りやクセが一切なし。甘さも控えめで、とても飲みやすいのが素敵。十六穀のモチモチとした食感も楽しく、腹持ちも抜群! 「朝活甘酒」を始めてから、お通じがよくなり、肌の調子も良いんです。牛乳や豆乳だけでなく、ヨーグルトや野菜ジュースと合わせるのもおすすめですよ」

キレイの秘訣は「朝活甘酒」

忙しい毎日も、働く女子の味方!
「朝活甘酒」でキレイと健康を

Riccaさんも大絶賛する朝活甘酒。飲むだけなので、時間がない朝もサクッと摂取できるのがうれしいですよね。栄養だけでなく、大事なエネルギー源である糖質も摂れるので、脳が活発になり集中力アップにも期待大! まさに働く女子にはうってつけなのです。朝の少しの工夫だけで、自分のキレイを保てるなんてなんて素敵なこと。その毎朝の積み重ねが、女のキレイを作ってくれるんです。

『十六穀でつくった麹あま酒』でキレイをつくる

おいしい甘酒を堪能するならココ!

『十六穀でつくった麹あま酒』がお店でも楽しめる場所があるんです! 秋葉原の“CHABARA”内にある「KURAMOTOSTAND」では、菊水酒造の自慢の日本酒、甘酒や酒粕のスムージーなどを堪能できます。麹や酒粕を使った食事メニューも豊富でランチにもぴったり。ぜひ足を運んでみて。

【アクセス】
東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA 内 日本百貨店しょくひんかん
【Tell】03-3258-0051
【営業時間】11:00~20:00(休館日以外は定休日なし)

1881年創業、北越後の蔵元「菊水酒造」から発売された『十六穀でつくった麹あま酒』。130余年に渡る酒造りで培った蔵元の技術を活かして作った米麹から、上品な甘さを引き出したノンアルコールの甘酒です。十六穀を用いることでナチュラル&ヘルシーで、従来の甘酒にはないモチモチ食感も楽しめます。甘酒の概念が変わるおいしさなので、ぜひ一度お試しあれ!

十六穀でつくった麹あま酒

菊水酒造

提供:菊水酒造

お役立ち情報[PR]