お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR インテリア・雑貨

働く女性の理想がつまったリビングダイニングがついに実現! 「ブリリア大山パークフロント」潜入レポート

働く女性のライフスタイルに寄り添い、理想の住まいを実現するために結成された東京建物の女性社員を中心としたプロジェクトチーム『Bloomoi(ブルーモワ)』。中でもマイナビウーマンが共感を持って注目してきたのが、ブルーモワのメンバーと『ブルーモワメイツ』による“本当の理想のリビング・ダイニングの形とは?”という問いから始まったプロジェクトでした。約2年半の時を経て、ついに理想の形が現実に!

【理想のお部屋プロジェクト】は、こんな風に始まった

年齢も職業も違う10人の女性が、何度も対話を重ねて導き出した答えは……

職業も年齢もライフスタイルも違う、多彩な10人の女性が集まり、『ブルーモワメイツ』として始動したのが2015年。約1年に渡って「理想のリビング・ダイニング」を追い求め、何度も対話を重ねました。

“ちょうどいい広さ”や“空間をどう仕切るか”という間取りに関する悩み、“リビングに散乱するモノをどう整理するか”“隠すのか、見せるのか”といった収納に関する悩みを共有しながら、理想の空間、レイアウトを思考錯誤。話し合うほどに「爪切りや診察券など、家族が使う細かいモノを収納する棚が必要」「大きな壁面収納がほしい」「家事の合間に簡単な作業ができるスペースが、キッチン付近にあるとうれしい」など、女性ならではの具体的でこまやかな視点、リアルな願いが浮き彫りになっていきました。

さらに、メイツの意見を反映した模型や、実際のモデルルームを目で見て触れながら、具現化するために細部を詰めていくメイツたち。同じゴールを目指す仲間としての一体感、理想を実現するための熱量が高まっていく中、妥協なしの空間が完成。最後は集大成として、実寸大の“理想のリビング・ダイニング”の展示イベントが開催されました。

これが理想のリビングダイニング! 働く女性のリアルな意見が導いた完成形
リアルボイスがギュギュっと凝縮! 10日間限定で叶った実寸大“理想のお部屋”

あのアイデアが、この願望が、こんなカタチになりました

そして、いよいよメイツたちのリアルボイスが凝縮された、こだわりの空間が「ブリリア大山パークフロント」にお目見え! 実際に、完成したモデルルームに潜入してきました。

開放的で広々としたリビング・ダイニングには、おしゃれで機能的な「コダワリスタイル」のキッチン。カウンターの側面を見ると、そこには『ブルーモワポケット』がありました。これはメイツの「昔の“電話台”のような収納がほしい」というアイデアから生まれたもの。爪切りや耳かき、診察券といった家族みんなで使う細々したモノを保管できて、「困ったら、ここを探せばいい」という“家族の引き出し”。贅沢をいうなら変に目立たず、でも家族が使いやすい場所にあるのが理想です。それが、ここでは見事に叶っていました。「こんなところに!?」と驚くほど、さり気なく部屋に溶け込みつつ、みんなの通り道である家の中心に位置。リビングからもキッチンからもアクセスしやすい、バックカウンターの側面に設置された『ブルーモワポケット』は、ありそうでなかった便利な収納としてお客様からも好評のようです。

写真左: 困ったときはここを探す! 家族の引き出し『ブルーモワポケット』。写真右: 扉で隠せる私の作業空間、『ブルーモワライブラリー』

そして、キッチンのそばには『ブルーモワライブラリー』。こちらもメイツから上がった「料理の合間にちょっとした作業ができるスペースがほしい」「急な来客時に隠せるよう扉があるとうれしい」という声を反映したもの。パソコンでレシピを調べてそのまま料理をしたり、煮込み料理の間にちょっとした作業をしたりと、忙しい女性のすき間時間を有効に使えるスペースです。壁に向かって集中できる環境でありながら、家族の気配をほのかに感じられる半個室。扉を閉めれば、すべて隠れるのもうれしいポイントです。
ほかにも、足を伸ばしたり、向かい合って会話したりできる『大型のL型ソファ』、おしゃれなディスプレイと隠す収納の両方を満たす壁一面の『壁面収納』など、メイツのアイデアが部屋中に散りばめられていました。

「ブルーモワ」公式サイトへ

まだまだある! ブルーモワのお部屋にまなぶ、心地よい暮らしTIPS

【収納】自分らしさをかなえる、アイデアいっぱいの“進化系”収納

おうち空間で多くの人が重要視するのが収納。たっぷり収納に加えて小物を飾れる壁などを配置し、“見せる収納”と“おしゃれさ”を兼ね備えた『Bloomoiスペース』、日用品や食料品のストックを効率的に収める『スッキリストレージ』、玄関と廊下をつなぐ大容量の収納空間『Bloomoi Doma』など、ブルーモワにはこだわりの収納がいろいろです。

「収納」記事の続きを読む

【キッチン】対面式、それとも背面式? 多様化するニーズに応える

ブルーモワでも人気が高い『選べるキッチン』。対面式、背面式といった基本レイアウトはもちろん、素材やディテールにこだわりながら、自分らしいスタイルをかなえる様々なスタイルが用意されています。現在は『選べるキッチン4』も完成。ますます多様化する女性のニーズに応える、新しい形が広がっています。

「キッチン」記事の続きを読む

【コンサバトリー】自由な発想で作り上げるこだわりの“くつろぎ空間”

『コンサバトリー』は居間と屋外の中間のような空間で、サンルームのような場所。洗濯物の室内干しスペース、植物を吊るしたグリーンルームといったベーシックな活用法だけでなく、ヨガルームやティーサロン、読書や音楽を楽しむ癒しスペースなど、自由な発想で暮らしを豊かにする空間に変化させることができます。

「コンサバトリー」記事の続きを読む

【ベッドルーム】2人の“ちょうど良い距離”を叶える、新しい間取りとは

ブルーモワの中でも画期的で、現代のニーズを色濃く反映しているのが、クロゼットを挟んで2つのベッドルームが存在する間取りプラン。完全に隔離するのはなく、近くにいる気配を感じられる心地よい間取りは、互いの時間や生活を尊重しながら共に暮らすカップルから大きな支持を集めています。

「寝室」記事の続きを読む

【ブルーモワメイツ】働く女性10名が考えた、理想の住まいのひとつのカタチ

ブルーモワが大切にしているコンセプトのひとつが「共創」。その言葉のとおり、働く女性10名とともに、理想の住まいの形を作り上げたのが『ブルーモワメイツ』のプロジェクトです。ひとりひとりの心の声に耳をかたむけ、対話を重ねながら、共感を生む住まいを実現。その最終形のひとつが、今回ご紹介した「理想のリビング・ダイニング」です。

「理想のリビング・ダイニング」記事の続きを読む

仕事にプライベートに家事に、たくさんのステージを持ちながら活躍する女性が増えています。そんな現代女性たちの幸せな生き方をともに考え、“もっと幸せになる住まい”をともに創り出しているのが、東京建物の女性社員たちのプロジェクト『ブリリア・ブルーモワ』。間取りや設備といったハード面だけでなく、管理やアフターサービスといったソフト面も充実させ、さまざまな角度から“本当に女性が住みやすい幸せな空間”を提案し続けています。

「ブルーモワ」公式サイトへ

提供:東京建物株式会社

お役立ち情報[PR]