妊娠人気記事一覧


【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

基礎体温をつけていると妊娠の兆候を早めに知ることができます。高温期が17日以上続いていたら、妊娠の可能性が高いといわれるからです。妊娠の可能性がある基礎体温表についての知識と妊娠検査薬を使う時の注意をまとめました。


【医師監修】妊娠5週に気を付けたいこと4つと特徴的な症状

【医師監修】妊娠5週に気を付けたいこと4つと特徴的な症状

妊娠5週は妊娠していなければ生理(月経)開始予定日から1週間が経過したころ。生理がないため「妊娠したの?」と気づく人が増え始めます。つわりのような症状が現れる人もいますが、とくに体調に変化のない人もいて、まだ妊娠の実感が薄いかもしれません。しかし、赤ちゃんの身体で重要な器官ができ始めるとても大切な時期です。


【医師監修】流産の症状 | 流産しやすい原因と予防法

【医師監修】流産の症状 | 流産しやすい原因と予防法

流産を経験する⼥性は決して少なくありません。妊娠した女性の約40%が流産しているという報告があるほどです。妊娠を希望している女性はぜひ知っておきたい「流産」のことについて知識を深めていきましょう。


【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれ、35歳以上のいわゆる「高齢出産」(高年出産)の割合も上昇してきました。しかし年齢を重ねてからの妊娠・出産がさまざまな困難とリスクを伴うことはご存知の方も多いと思います。今回、40代の女性に焦点を当て、自然妊娠の確率、妊娠・出産のリスク、妊娠を目指すうえでのポイントをまとめました。


【医師監修】妊婦さんのお腹はいつから出てくる?お腹が膨らむ時期・目立つ時期

【医師監修】妊婦さんのお腹はいつから出てくる?お腹が膨らむ時期・目立つ時期

街中で見かける妊婦さん。大きなお腹が目立つ人もいれば、マタニティマークがなければ一見そうとはわからない人もいます。妊婦さんのお腹の膨らみが目立ち始めるのは妊娠いつごろのことが多いのでしょうか。ここでは、妊娠の経過をお腹の膨らみから追ってみましょう。気になる妊娠線についても解説します。


【医師監修】妊娠初期の下腹部痛、受診したほうがいい?痛みの主な原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期の下腹部痛、受診したほうがいい?痛みの主な原因と対処方法

妊娠がわかれば、うれしい気持ちになると同時に、「赤ちゃんはちゃんと育っているだろうか」とついつい心配になってしまうものです。特に下腹部痛が起こると「もしかして、何かの異常?」と不安に思うかもしれません。ここでは、妊娠初期(~妊娠13週)に起こる下腹部痛の主な原因や対処法について解説します。


【医師監修】黄緑っぽいおりものこれって病気? 迷った時の対処方法

【医師監修】黄緑っぽいおりものこれって病気? 迷った時の対処方法

下着などについたおりものの色がいつもと違っていたら気になります。そんな変化に気づけたのは、日頃から健康を心がけて生活している女性だからこそ。その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より黄緑(緑色)っぽい?」と気づいた時の一般的な原因や対処方法をまとめました。


【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

【医師監修】高温期が何日続けば妊娠の可能性? 妊娠中はいつまで高温が続く?

妊娠すると、基礎体温は高い状態が続くことをご存じの方も多いと思います。では、何日ぐらい高温期が続くと妊娠の可能性があるといえるのでしょうか。また妊娠中の体温はどうなるのでしょう。基礎体温のキホンとともにお届けします。


【医師監修】前駆陣痛はいつから? 本陣痛までの期間や陣痛との違い

【医師監修】前駆陣痛はいつから? 本陣痛までの期間や陣痛との違い

出産予定日が近づくとお腹の痛みを感じることがたびたびあります。これは出産開始のサインなのか、そのほかの痛みなのかが分からないと不安ですよね。今回は出産前に感じる「前駆陣痛」と出産時の「陣痛」の違いや、出産日までの過ごし方などをまとめました。


【医師監修】妊娠初期出血(着床出血)の時期はいつ?時間・量・月経との違い

【医師監修】妊娠初期出血(着床出血)の時期はいつ?時間・量・月経との違い

いつもの月経と違う出血があったとき、「もしかして、着床出血?」と思うことがあるかもしれません。妊娠初期にみられる出血のひとつである「着床出血」は医学用語ではなく、月経様出血とも言われます。今回は、着床出血やその他の妊娠初期に起こりうる出血についてお伝えします。


【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 臨月近くの変化や特徴

【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 臨月近くの変化や特徴

おなかが大きくなり、出産が近づく妊娠後期。このころになると、おりものの変化に悩む妊婦さんも増えてきます。おりものは、体の変化をみるバロメーターでもあります。日頃から気をつけるようにしましょう。もし、おりものの状態に不安があれば、診察を受け、必要であればおりもの検査なども受けるようにしましょう。


【医師監修】排卵出血があるころは妊娠可能性up?妊娠との関係と着床出血との違い

【医師監修】排卵出血があるころは妊娠可能性up?妊娠との関係と着床出血との違い

排卵日ごろに出血することがあります。排卵出血は妊娠を希望する人にとってとても気になる症状でしょう。今回は排卵出血と妊娠しやすい時期の関係、そして似たようなタイミングで起こる着床出血との見分け方について解説します。


【医師監修】着床はいつ?症状はあるの?完了サインの確認方法

【医師監修】着床はいつ?症状はあるの?完了サインの確認方法

妊娠したかどうか、気になって仕方がない人にとって、着床はいつ起こるのか、身体に何か変化や症状があるのかは確認しておきたいところですよね。ここでは、そもそも着床とはいったい何なのか、着床によって感じるかもしれない体の変化、着床したかどうかきちんと調べる方法などについて解説します。


【医師監修】妊娠超初期の出血!| その原因と対処法

【医師監修】妊娠超初期の出血!| その原因と対処法

妊娠超初期は医学用語ではなく一般的な言い回しですが、だいたい「卵子が受精して子宮に着床するころ」を指して使われることが多い言葉です。まだ妊娠したかどうか確定できないこの時期、様々な要因から出血することがあります。そんな出血の原因や種類について紹介します。


【医師監修】妊娠超初期|症状はいつから始まる?確認方法と気をつけること

【医師監修】妊娠超初期|症状はいつから始まる?確認方法と気をつけること

吐き気などの妊娠の兆候が出てくるのは、個人差が大きいものの妊娠5~6週頃からといわれていますが、中には生理予定日前、俗にいう「妊娠超初期」に体の変化や妊娠のサインを感じる人も。妊娠超初期によくみられる症状や、妊娠に気づかずアルコール、タバコ、カフェインを摂取した場合の影響を解説します。


【医師監修】妊娠安定期はいつから?過ごし方と8つのトラブル&注意点

【医師監修】妊娠安定期はいつから?過ごし方と8つのトラブル&注意点

妊娠中期に入るとつわりが治まることが多く、お腹の赤ちゃんもこれ以降ぐんぐん大きくなっていきます。俗に「安定期」と呼ばれますが、妊婦さんにはうれしい時期ですね。でも、油断は禁物。充実したマタニティライフを送るためにこの時期に注意すべきこと、つわりが落ち着いてくる時期だからこそしておきたいことなどをご紹介します。


【医師監修】妊婦の足がつる原因は? 妊婦のこむら返り予防と対処法

【医師監修】妊婦の足がつる原因は? 妊婦のこむら返り予防と対処法

夜の就寝中にふくらはぎの痛みで夢から覚めたり、朝目覚めて体を伸ばした瞬間に痛みが走ったり……突然、足の筋肉が痙攣(けいれん)する「足がつる」「腓返り(こむらがえり)」という症状。ビックリしますね。もちろん痛さも相当で不快なものです。この「足がつる」という症状は、妊娠に関係して起きやすくなることがあるようです。


【医師監修】妊娠12週の壁!ママのおなかや胎動の変化とは?

【医師監修】妊娠12週の壁!ママのおなかや胎動の変化とは?

妊娠12週は、妊娠4ヶ月にあたります。ママは、つわりのピークといわれる妊娠3カ月を過ぎ、ゆったりした気分で過ごせる日が多くなってくるでしょう。流産の確率も、妊娠12週以降はぐっと低くなります。そんな妊娠12週のママの体の変化や、おなかの赤ちゃんの様子についてまとめました。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

体温が高いことをきっかけに、妊娠の兆候を感じる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化があらわれるのが「体温」です。


【医師監修】妊娠中にカンジダ症と言われたら|赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠中にカンジダ症と言われたら|赤ちゃんへの影響は?

「カンジダ」という言葉、どこかで目にしたことのある女性も多いのでは? 特に「腟カンジダ症」は多くの女性が一生に一度はかかると言われています。健康な妊婦さんではお腹の赤ちゃん含め多くの場合で心配のない病気ですが、ここでは、女性、特に妊婦さんに関するカンジダ症の基本的な情報をまとめました。