【医師監修】基礎体温表の見方とグラフのパターンからわかること

【医師監修】基礎体温表の見方とグラフのパターンからわかること

自分の基礎体温表を見て、「私のグラフの形は大丈夫?」と不安になってしまう方がいるかもしれません。基礎体温表の形には個人差があります。基本的な基礎体温表の見方とグラフのさまざまなパターンを知っておきましょう。


基礎体温表パターンからわかること

Lazy dummy

※画像はイメージです

基礎体温表からは、月経周期、排卵の有無とその時期、女性ホルモンの状態など、自分自身の体について多くの情報を読み取ることができます。体に何かしらの不調や変化がある場合は、正常パターンとは違った基礎体温表になります。体のリズムを映し出す大切なデータが基礎体温のグラフといえるでしょう。

基礎体温表のさまざまなパターンと考えられる理由

自分の基礎体温表を見て、「グラフがギザギザしているけれど、これで大丈夫かな」「ちゃんと測れているのかな」と不安になってしまう方は少なくないかもしれません。基礎体温表には個人差があり、必ずしも見本のようになるわけではありません。正常パターンの基本を頭に入れておけば、自身の基礎体温表をチェックする時にきっと役立つはずです。

正常パターンの基礎体温表

正常パターンの基礎体温は、体温が低い時期と高い時期の2相に分かれているのが特徴です。それぞれを医学的には「低温相」「高温相」と呼びますが、今回の記事では一般になじみのある「低温期」「高温期」という言葉で説明します。

月経周期が28日の場合、月経が始まってから排卵するまでの約2週間は低温期、排卵後から次の月経までの約2週間は女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きで体温が高くなる高温期になります。

基礎体温が2相になっていると、「排卵がある」といえます。排卵 とは、その名の通り「卵子」が卵巣から「排出」されること。女性の体には生まれた時から、卵巣の中に卵子のもと(原始卵胞)があります。思春期になって月経が始まると、成長した卵子が毎回ひとつだけ卵巣から排出されます。排卵後、卵巣に残った卵胞は黄体に変化し、黄体ホルモンを分泌することで体温を上昇させ、妊娠の準備をします。

妊娠が成立しなければ体温は下がり、再び月経が始まります。体温が上下する分岐点にあるのが月経と排卵です。

月経周期(月経の初日から、次の月経が始まる前日までの期間)には個人差があり、25日~38日であれば正常範囲 です。また個人でも毎回ぴったり同じ期間になるわけではありません。高温期は通常、10日〜15日ぐらい続き、低温期には個人差があります。

基礎体温のグラフ例

2相にはっきり分かれない場合 <無排卵 の可能性>

基礎体温表が低温期と高温期にはっきり分かれず、低い体温がずっと続く場合は「無排卵」の疑いがあります。無排卵とは、卵胞が黄体に変化せず、黄体ホルモンの分泌の増加が起こらないことを意味します。そのためため高温期がありません。無排卵の状態が続くと妊娠できないので、妊娠を望む場合にはホルモン検査や超音波検査、治療を行います。月経周期は不順であることが多く、月経の持続期間も長かったり短かったりします。

高温期が17日以上持続する場合 <妊娠の可能性>

受精卵が子宮に着床し、妊娠が成立すると黄体は妊娠黄体となり、黄体ホルモンの分泌が続くので高温期が続きます。17日以上高温期が続き、月経が来ない場合は妊娠が成立した可能性が高いといえます。

【医師監修】基礎体温の低さ(冷え)と妊娠の関係性とは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/305

「妊娠」を意識するようになると基礎体温が身近になります。そんな時、「体温が低いと妊娠しにくい」という話を聞くと気になってしまいます。これは本当なのでしょうか。混同されがちな「低い体温」と「冷え」についても整理していきましょう。

高温期が短い(10日以内)場合 <黄体機能不全 の可能性>

高温期が10日以内と短い場合、黄体ホルモンの分泌にトラブルがある「黄体機能不全」の可能性があります。黄体機能不全とは、黄体ホルモンが十分に分泌されないことにより、高温期が通常パターンより短くなった状態で、不正出血が起こることもあります。月経周期が短くなるため、月経不順として自覚されることもあります。妊娠を望む場合には黄体ホルモンの補充、排卵誘発法などの治療が行われます。

基礎体温表の見方とチェックポイント

基礎体温表を見る時は、日々の点だけではなく、月経周期の中での変動を見ることが大切です。2相になっているかを確認するための簡単な方法を紹介します。

基礎体温表の正しい見方

基礎体温表は1日1日の点ではなく、線をつないでグラフ全体として見ることが大切です。低温期・高温期の中でも体温は一定ではないので、記録をつけてみるとジグザグした感じになるのが一般的です。

グラフの一番低い点と高い点の真ん中あたりの横軸にボールペンなどを置いてみて、 その上と下で一定の期間がしっかり分かれていれば、2相になっていると確認できます。

サンプルの基礎体温表は、たいてい28日の月経周期を想定して作られていますが、月経周期にも個人差があることは前述した通りです。

その他のチェックポイント

医師が基礎体温表を正常と判断する時には次の4点を確認します。
①高温期が10日以上続いているか 
②高温期と低温期の差が0.3℃以上あるか 
③高温期に陥落(一時的な落ち込み)がないか
④低温期から高温期への移行が3日以内か

高温期が10日以上続き、安定している状態(一時的な体温の落ち込みなどがない)であれば黄体機能に問題はないとみることができます。

ただし、ご自身で基礎体温表を確認する場合は、細かい点を気にするより、ざっくりと2相になっているかをチェックしてみてください。

妊娠初期症状で「もしかして妊娠?」と気づく人もいます。妊娠初期症状として、風邪のような症状やバストの変化、悪阻(つわり)に似た症状が現れる人もいます。基礎体温の変化をチェックするとともに、上記のような症状もチェックしていきましょう。

まとめ

基礎体温表には個人差があります。見本の基礎体温表と一致した形にならなくても、高温期と低温期が一定の期間あればあまり心配はありません。読み取り方がわかると、より深く自分の体のリズムを理解できるようになります。もとになる基礎体温のデータが正確でないとグラフも分析できないので、正しい方法で継続して測るようにしましょう。

(萩原明子/毎日新聞出版MMJ編集部)

この記事の監修ドクター
医療法人社団聖育会 三枝産婦人科医院
院長 升田 春夫先生
東京大学を卒業後、東京大学医学部付属病院、東京都立墨東病院を経て、2002年に三枝産婦人科医院の副院長に就任。2014年から院長を務める。周産期の研究・診察に長年携わってきた「お産の専門家」。
超音波の専門免許を取得している超音波専門医でもある。

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました
※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

赤ちゃんが繰り返し耳を触るときは、髪の毛が触れていたり、耳垢が詰まっている可能性がありますが、耳の病気や異常を疑ってみる必要もあります。ここでは、赤ちゃんが耳を触るときに考えられる理由と、関連する病気などについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

赤ちゃんの耳が臭うとき、その多くは「耳垢(じこう。みみあか)」が原因です。ただし、外耳炎や耳の中の異物などが原因となっている場合もあります。ここでは、赤ちゃんの耳が臭くなる原因と対処法を紹介します。


【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

「恥骨」は骨盤を構成する骨のひとつです。出産時は左右の恥骨のつなぎ目が開くため恥骨あたりが痛むのは普通ですが、これは通常あまり長引きません。産後、恥骨の周囲に痛みが続く場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。


【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

【医師監修】腹帯はいつからいつまで? 妊婦帯の4つの種類と選び方

妊娠中にお腹が目立ってくると、「腹帯」や「妊婦帯」と呼ばれるものを巻くことがあります。これらはいつから? どんなふうに? 巻くものなのでしょうか。またどんな種類があるのでしょうか。腹帯(妊婦帯)に関する情報をまとめました。


【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

赤ちゃんが風邪をひいたら、少しでも早く治るように症状や様子に合わせてお世話してあげましょう。ここでは、風邪のときの環境づくりや症状を楽にする方法、病院を受診する目安についてお話します。


最新の投稿


【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

赤ちゃんが風邪をひいたら、少しでも早く治るように症状や様子に合わせてお世話してあげましょう。ここでは、風邪のときの環境づくりや症状を楽にする方法、病院を受診する目安についてお話します。


離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

離乳食の卵の進め方!量は?卵白はいつから?【管理栄養士監修】

卵はアレルギーの心配があり、赤ちゃんの離乳食でどうやって取り入れていけばいいのか、迷うご家庭も多いことでしょう。中でもニワトリの卵である鶏卵(けいらん)は、離乳初期から使える食材ですが、量や使う部分に注意が必要です。今回は離乳食での鶏卵の進め方について解説します。


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

新型コロナウイルスの流行で感染症対策が気になる昨今ですが、その一方で「赤ちゃんはマスクをしない方が良い」と言われています。赤ちゃんがマスクをするとどんな危険があるのか、またマスクを使う時の注意点などについても解説します。


【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

【医師監修】出産予定日を計算|妊娠期間と初期・中期・後期の様子

妊娠すると、いつ赤ちゃんに会えるのか楽しみになり、生まれてくる時期が気になるものです。妊娠期間はどのくらいの長さなのでしょうか。出産予定日の算出方法や妊娠期間ごとの様子や注意点などを解説します。