【医師監修】排卵日前後によくある症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある症状と体調が悪くなる原因

生理ではないのに下腹部痛があったり、少量の出血があったりすると、ドキドキしてしまうもの。しかし、それはもしかしたら排卵日ならではの症状なのかもしれません。排卵日前後によくある症状について詳しく説明します。


排卵の時期、症状、対処法について

<疑問1>排卵日っていつ? 体調に変化はあるの?

Getty logo

女性の体には、月経(以下、生理)を中心とした約1ヶ月間の周期があり、生理が始まってから約2週間(生理周期が28日の場合)は卵胞期と呼ばれます。その後、卵巣にある卵胞から卵子が放出される「排卵」を迎えますが、この時期のことを排卵期といいます。

基礎体温を毎日測っているのであれば、ちょうど低温相から高温相へと移行する境目にあたる時期が排卵期にあたります。なお、低温相から高温相へと移動する前に、基礎体温がグッとさがる日があります。これを「体温陥落」といい、その日の前後に排卵が起こっていると推定できます(体温陥落は必ずしも起こるとは限らない)。また、個人差はありますが、排卵期に体調不良に悩む女性もいます。

基礎体温と月経周期(28日周期の場合)

排卵日は生理の何日前?

次の生理が始まる約14日前に排卵が行われます。ただし、これは生理周期が安定している場合に限ります。なお、卵子と精子には寿命(受精可能な時期)があり、排卵期に合わせてセックスすると妊娠しやすいです。

体調不良には個人差がある

排卵期の体の不調には個人差があり、排卵期になると毎回のように症状を感じる人もいれば、まったく感じない人もいます。

<疑問2>排卵日前後にあるかもしれない症状は?

排卵日前後にはさまざまな不快な症状があります。症状には個人差がありますが、症状が強い人だと、戸惑ってしまうかもしれません。

その1.おなかの痛みや腰痛

Getty logo

排卵日前後の症状として訴える人が多いのが「排卵痛」という排卵時の痛みです。排卵時の痛みは軽いことが多いのですが、なかには腰痛を訴える人もいます。

おもな症状は、片側の下腹部の痛みや、引っ張られるような痛み、おなかが張った感じ、そしていつもと違う違和感などが挙げられます。

排卵した卵巣側の下腹部に痛みを感じることが多く、また、排卵痛のあった女性の77%は実際の排卵の24~48時間前に痛みを感じるという報告もあります[*1]。しかし、痛みの強さや出現のタイミング、痛みが続く時間は個人差があります。どうやら、排卵する瞬間に排卵痛を感じるとは限らず、痛みは複合的な要因によるものだと考えられています。

その2.出血

排卵期に出血することもあります。これは、排卵前後でエストロゲンの分泌量が増えたり減ったりすることが原因です。

排卵期の出血は少量で期間が短い(2~3日間)のが特徴です[*1]。

その3.おりもので下着が濡れる!

人によっては、排卵期だけでなく、生理前まで不快な症状が続くこともあります。その場合は、PMS(月経前症候群)の可能性もあります。PMSの症状では、胸の張りや頭痛、むくみ、おなかが張った感じになる以外に、イライラや抑うつ状態などのメンタル面での不調を感じることが多いです。PMSの症状は生理が始まると解消されるのが特徴です。

<疑問3>なぜ排卵の時期に症状が出るの?

Getty logo

女性のホルモンの増減は生理周期と連動していますが、特に排卵のタイミングでホルモンバランスが大きく変化します。下の図のように、排卵に向けてエストロゲンの量が増加し、排卵後に一旦減少します。そのかわり、生理が近づくにつれてプロゲステロンの分泌が増えていきます。

女性ホルモンは、卵巣や子宮といった性生殖器だけでなく、様々な臓器に作用します。排卵期の腹痛や出血、おりものの変化はもとより、生理前に起こるPMSにも女性ホルモンの変化が関与していると考えられています。

月経周期と女性ホルモン(28日周期の場合)

<疑問4>排卵によるつらい症状への対処法は?

排卵期の痛みや出血については、ほかに病気が隠れているのでなければ、あくまで一過性のものであり、特別な治療は必要ありません。ただ、痛みの原因のひとつは子宮の収縮であり、これには自律神経が関わっています[*1]。ストレスが多いとより強い痛みを感じやすくなるため、なるべくリラックスを心掛けるようにしましょう。

なお、出血が多かったり、出血がなかなか止まらなかったり、痛みが強かったりするのであれば、迷わず受診してください。子宮筋腫や子宮内膜症などの、婦人科系の病気が隠れている場合もあります。このような病気由来の出血や痛みを排卵痛だと思っている人も多いので、普段から基礎体温をつけておき、痛みや出血が本当に排卵の時期にあるのかを確認できるようにしておくとよいでしょう。

まとめ

Getty logo

生理中ではないのに、おなかが痛かったり、出血があったりするとびっくりしますよね。しかし、排卵の時期にそのような症状が出る人は決して珍しくありません。排卵期はホルモンバランスが急激に変化するので、不快な症状が出やすくなります。通常は特に治療が必要なものではありませんが、婦人科系の疾患が隠れていることもあります。基礎体温などを参考に排卵時期との関連を確認するほか、症状がひどいときは受診するようにしましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:今井明子/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]内田明花, 丸山哲夫:排卵期出血・排卵痛の診断と治療, 産科と婦人科, 11(61), 1333, 2018
[*2] 「助産学講座2 母子の基礎科学」(医学書院)p.35-6
「病気がみえる vol.9 婦人科」(メディックメディア)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

大切な赤ちゃんを包む「おくるみ」。でも、包む方法や、いつからいつまで使えるものなのか、実ははっきりと知らないという人も多いのではないでしょうか。使い始める前に、使用上の注意も知っておましょう。季節ごとのおすすめ素材や人気のおくるみも紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。