【医師監修】妊娠中期に起こる流産とは?症状、切迫流産との違い

【医師監修】妊娠中期に起こる流産とは?症状、切迫流産との違い

俗に「安定期」と呼ばれる妊娠中期に入ると、流産の危険性は低くなっていきます。しかし、流産や早産のリスクがゼロになるということではありません。ここでは、妊娠中期の流産について詳しくみていきましょう。


妊娠中期に起こる流産とは?

妊娠中期に流産して絶望感に苛まれている女性
Lazy dummy

流産とは、妊娠したにもかかわらず、妊娠22週よりも前に妊娠が終わり、赤ちゃんが子宮の外に出てしまうことをいいます。この頃の胎児は子宮外では生き続けることができません。

妊娠中期にあたる期間は妊娠14~27週なので、中期の中でも22週を境目に、流産と早産※に分けられることになります。

※早産:妊娠22週以降37週未満の分娩。妊娠22週以降は、必要な処置を受ければ赤ちゃんは子宮外でも生き続けられるようになってきます(早産の中でも37週以降42週未満の正期産に近づくにつれ、赤ちゃんの生存率は上がり、合併症のリスクは下がる)。

妊娠中期の流産の原因は?

流産は発生時期によって、妊娠12週未満の「早期流産」、妊娠12週以降の「後期流産」に分けられます。

流産※は妊娠と診断された女性の14.9%に起こりますが、大部分(13.3%)は早期流産です[*1]。一方、「後期流産」は妊娠した女性の1.6%に起こります。妊娠中期の流産は後期流産にあたります。

後期流産の原因としては、母体の性器の異常(子宮発育不全や子宮奇形、子宮筋腫、子宮内の癒着、頸管無力症など)や全身疾患(高血圧、糖尿病など)が考えられます。また、絨毛膜羊膜炎など、細菌などの感染が原因となることもあります。

※ここでは自然流産(人工流産以外)について述べます。

流産の症状、その後の治療は?

流産は絶対におきてほしくないことですが、万が一ということがあるため、事前にどんな症状があるか知っておきたい人も多いでしょう。下記に流産の分類や症状をまとめます。

進行流産

多量の出血や陣痛のような下腹部痛があり、いま現在流産が起こっている状態のことを「進行流産」と言います。進行流産が進行した結果は、以下の2つに分けられます。

不全流産(ふぜんりゅうざん)

不全流産は胎児(胎芽)などの子宮内容物の排出がはじまったものの、一部はまだ子宮の中に残っている状態のことです。症状としては出血や下腹部痛が続きます。

その後の治療としては、内容物が自然に排出されるのを待ったり、残ったものを取り除く子宮内容除去手術が必要になることもあります。

完全流産(かんぜんりゅうざん)

完全流産は、流産した結果、子宮内容物がすべて体の外に排出された状態です。それまであった下腹部痛や出血の症状が軽くなっているか、感じなくなっています。

稽留流産

子宮内ですでに胎児は死亡しているのに、腹痛や出血といった流産の症状が現れていない状態のことを稽留流産(けいりゅうりゅうざん)といいます。

自覚症状がないことが多く、超音波検査で胎嚢の成長が見られない、胎児の心拍が検出できないなど医療機関での診察によって、稽留流産と確認されます。胎児や胎盤などは自然排出されるのを待つ場合もありますが、子宮内容除去手術で取り除くこともあります。

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7165

妊娠を待ち望んでいた人なら、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がるほどうれしい気持ちになることでしょう。しかし、妊娠初期は流産の可能性が高く、まだまだ油断できない状態です。流産には何種類かありますが、そのうちのひとつである「稽留(けいりゅう)流産」について、詳しく説明します。

切迫流産

進行流産・稽留流産と異なり、切迫流産はあくまでも「流産の危険性のある状態」であって、流産ではありません。

切迫流産の場合、少量の性器出血、軽度の下腹部痛、下腹部の緊満感、腰痛といった症状がみられますが、子宮の中で赤ちゃんは生きていています。切迫流産の段階であれば妊娠を継続できる可能性がありますので、診断された場合は医師の指示に従いましょう。

まとめ

妊娠中期におきる後期流産には、「進行流産」「稽留流産」があります。流産の主な症状は性器からの出血と下腹部痛ですが、こうした自覚症状がないまま、流産が進行する場合もあります。もしも何度も後期流産を繰り返している場合は、医療機関での検査によって原因がわかれば、適切な治療で流産を未然に防ぐことができるケースもあります。婦人科医に相談してみましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科医・医学博士 宋美玄先生
大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:宋美玄先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]「病気がみえるvol.10 産科」(メディックメディア) p.91

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【医師監修】新生児の頭囲はどのくらい? 頭の大きさと関連する病気とは

【医師監修】新生児の頭囲はどのくらい? 頭の大きさと関連する病気とは

「うちの子の頭は大きすぎる?」「この子は頭が小さいかも……」。生まれたばかりの赤ちゃんを前にすると、さまざまなことが気になるものです。ここでは新生児の頭囲の平均値や頭囲と関係する病気についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃん(乳児)のインフルエンザ | 症状・予防・対処法

【医師監修】赤ちゃん(乳児)のインフルエンザ | 症状・予防・対処法

気温が下がってくると気になってくるのが、インフルエンザ予防のこと。初めての冬を迎える赤ちゃん(乳児)の場合は勝手がわからずなおさら心配になりますね。赤ちゃんがインフルエンザにかかった時の症状や対処法について、予防法とともに紹介します。


【医師監修】外気浴はいつからすればいい? やり方と大事な2つの注意点

【医師監修】外気浴はいつからすればいい? やり方と大事な2つの注意点

赤ちゃんの健康づくりのために、おうちの中で過ごすだけでなく「外気浴」もさせてあげたいですね。ここでは「外気浴」を始める時期の目安、その方法に加え、行う際の注意点について紹介します。


【医師監修】ブランケット症候群って何? 子供の症状と3つの対処法

【医師監修】ブランケット症候群って何? 子供の症状と3つの対処法

子供がお気に入りのタオルケットやぬいぐるみなどをどこにでも持ち歩き、ボロボロになっても離さない。それはもしかしたら「ブランケット症候群」かもしれません。ブランケット症候群はどんなものなのかとともに、対処法を解説します。


【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

新生児にはよく黄疸が見られますが、母乳を飲んでいる赤ちゃんの黄疸が長引いていたら、それは「母乳性黄疸」かもしれません。母乳性黄疸が疑われるときはどう対処すればいいのか、症状や原因とともにまとめました。


最新の投稿


【医師監修】帝王切開後に2人目を妊娠・出産するまでの期間と注意点

【医師監修】帝王切開後に2人目を妊娠・出産するまでの期間と注意点

分娩の方法には、腟を通る「経腟分娩」と、ママのおなかを切って取り出す「帝王切開」があります。1人目を帝王切開で産んだ場合は、2人目を妊娠・出産するまでに少し期間をあけたほうがよい、とされています。帝王切開後の次の妊娠までの望ましい期間と、注意すべきポイントについて解説します。


【助産師解説】産後の床上げっていつ?外出、水仕事、お風呂は?<ママ体験談>

【助産師解説】産後の床上げっていつ?外出、水仕事、お風呂は?<ママ体験談>

出産後、「産後の床上げ(とこあげ)」はいつできるのでしょうか? 先輩ママの体験と助産師さんのアドバイスをまとめました。産後はできるだけ安静を保ちたいものですが、なかなかそうはいかない場合もありますよね。床上げまでの期間を無理なく過ごす方法も参考にしてください。


【医師監修】産後セックスのきっかけと痛み対策!いつからOK︖悪露があるときはNG?

【医師監修】産後セックスのきっかけと痛み対策!いつからOK︖悪露があるときはNG?

産後は出産と慣れない育児で体はボロボロ……。悪露は出ているし、会陰の傷も痛むしで、いったいいつからセックスを再開していいのか悩みますよね。しかし、セックスの話はデリケートなだけに、ママ友に相談するのは躊躇してしまうもの。そこで今回は、産後のセックス再開のきっかけや痛み対策について解説します。


【医師監修】産後に生理の量は増える? 関係する要因と注意点

【医師監修】産後に生理の量は増える? 関係する要因と注意点

産後しばらくして、久しぶりに生理が来たと思ったら、量が産前よりも多くて驚いたママもいるかもしれません。産後の生理のことや産前と比べて量の変化があったとき、考えられる要因、診察の目安などについてお話しします。


【助産師解説】産後の家事はいつからOK?できない期間のおすすめサポート4選

【助産師解説】産後の家事はいつからOK?できない期間のおすすめサポート4選

産後、家事を始めるのにいい時期について、助産師が解説します。休養が大事とされる産褥期。家事はいつ頃、どの程度のものから始めるといいのでしょうか?できない期間の対策についてもお伝えします。