DHAなどn-3系脂肪酸の摂取量が、母乳中のたんぱく質濃度に関係する可能性が明らかに

DHAなどn-3系脂肪酸の摂取量が、母乳中のたんぱく質濃度に関係する可能性が明らかに

雪印ビーンスタークは、雪印メグミルクと共同で、2015年より第3回全国母乳調査を実施していますが、その一環として現代日本人母乳の主要栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物など)と母親の摂取栄養素量の関係について調査。スコットランドで開催された欧州小児消化器肝臓栄養学会でその結果を発表しました。


Getty logo

研究成果のポイントは以下の2点。

・母乳の主要栄養素濃度は、分娩後日数の経過などに応じて変化することが改めて確認された
・母親が摂取する栄養素の一部には、母乳中の主要栄養素濃度に関連する可能性が示唆された

図1母乳の粗たんぱく質濃度と分娩後日数の関係 図2n-3系脂肪酸摂取量と母乳の粗たんぱく質濃度の関係

母乳には、母親の食事からの摂取量が母乳中の濃度に影響を与える栄養素があります。n-3系脂肪酸のひとつであるドコサヘキサエン酸(DHA)は、その成分のひとつ。一般的に、主要栄養素であるたんぱく質、脂質、炭水化物の母乳中濃度は分娩後日数や在胎週数などに影響を受けることが知られていましたが、母親の摂取栄養素量との関係については明確な結論は得られていませんでした。

そこで、授乳中の摂取栄養素量が母乳の主要栄養素濃度に及ぼす影響について検討されました。

研究対象となったのは、2015年2月〜16年8月に日本全国に在住する健康な母子。母乳の提供を行った270名を対象に調査が実施されました。母親の年齢は平均31.0歳、乳児の日齢(分娩後日数)は中央値で58日。

対象の母乳は分娩後約1〜2カ月の成乳。乳児に授乳した後の中期乳または後期乳として、少なくとも3日間以上連続して採取。母乳の主要栄養素である粗たんぱく質および純たんぱく質、脂質、炭水化物が測定されました。

全固形および熱量は、赤外分光法を用いた母乳分析計により測定。食事調査は簡易型自記式食事歴法質問票を用いて栄養摂取量が算出されました。

分娩後日数は母乳の粗たんぱく質(中央値1.2g/100mL)ならびに純たんぱく質(中央値0.9g/100mL)濃度との間で弱い相関が見られました。

また、母乳採取時における乳児の体重(中央値4710g)は、母乳の炭水化物以外の各主要栄養素濃度との間でわずかに相関を示しました。一方、母親の摂取栄養素量と母乳の主要栄養素濃度の間において、いくつかの統計学的に有意な相関も認められました。

具体的には、母親のn-3系脂肪酸摂取量と母乳中のたんぱく質濃度との間、そして母親の灰分摂取量およびナイアシン摂取量と母乳中の純たんぱく質濃度との間で、いずれもわずかに相関を示しました。

また、分娩後日数による影響を考慮した回帰分析の結果、粗たんぱく質濃度とn-3系脂肪酸摂取量の間において関連が認められ、粗たんぱく質濃度はn-3系脂肪酸摂取量の増加に伴い増加する可能性があることがわかりました。

今回の研究で、母乳の主要栄養素濃度は、分娩後日数の経過などに応じて変化することが改めて確認されました。さらに母親が摂取する栄養素の一部には、母乳中の主要栄養素濃度に関連する可能性も示唆されました。

(フォルサ)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


子育て疲れを癒して気分転換! ママと子ども、環境にもやさしい香水が登場

子育て疲れを癒して気分転換! ママと子ども、環境にもやさしい香水が登場

働くママの声から生まれた化粧品ブランド「ママ アクア シャボン」から、「オードトワレ」シリーズが、6月27日より発売されます。


【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」の新作レインアイテムが優秀! ママ注目の機能をチェック

「Afternoon Tea LIVING」は、レインアイテムの新作を5月27日から発売します。


最新の投稿


【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

赤ちゃんに熱が出て発疹ができたときは「水疱瘡(みずぼうそう)」の可能性もあります。赤ちゃんがかかると重症化しやすいと言われています。また、感染力が強いので家族への感染も気がかりです。症状や受診、ホームケアのポイントなど対処法を知っておき、疑わしい場合も落ち着いて対処しましょう。


【医師監修】気になる、赤ちゃんのほくろ。心配なのはどんなもの? 手術はできるの?

【医師監修】気になる、赤ちゃんのほくろ。心配なのはどんなもの? 手術はできるの?

赤ちゃんを見ていると、以前はなかった「ほくろ」ができているのに気付くことがあります。それが少し大きくなったりすると、「がんでは?」と不安になるママもいるでしょう。そこで赤ちゃんのほくろとがんの関係や、子供のうちに美容目的で切除してもよいのかについて、ママのギモンにお答えします。


【医師監修】子供の水虫は何科に行く? 子供が水虫になった場合の正しい治療法や予防法をチェック

【医師監修】子供の水虫は何科に行く? 子供が水虫になった場合の正しい治療法や予防法をチェック

足の指の間の皮がむけたり、白くふやけてジュクジュクしたりする水虫。子供でもなることがあるのでしょうか。また子供が水虫になった場合、小児科と皮膚科、どちらを受診すれば良いのでしょうか。水虫の治療、予防方法とあわせて解説します。


【歯科医師監修】赤ちゃんの歯並びが気になる!? その要因とよくする方法

【歯科医師監修】赤ちゃんの歯並びが気になる!? その要因とよくする方法

赤ちゃんが生まれて半年前後たつと、かわいらしい歯が生えてきます。赤ちゃんの歯はもちろん大人の歯よりもずっと小さいのですが、大きさの違いだけでなく、歯並びがあまりよくないかも? と感じることがあるかもしれません。今回はその理由を解説します。


【医師監修】子供がやけどしたらまず何をすべき? 応急処置や病院へ行く目安、予防法について

【医師監修】子供がやけどしたらまず何をすべき? 応急処置や病院へ行く目安、予防法について

子供がやけどをしてしまったら、できるだけ早く応急処置をして受診することが大切です。ここでは家庭でできる応急処置の方法や、いつ医療機関に行くかの目安、やけどの予防方法について説明します。