【医師監修】妊娠中毒症って? 妊娠高血圧症候群の影響・症状・治療法

【医師監修】妊娠中毒症って? 妊娠高血圧症候群の影響・症状・治療法

妊婦さんを苦しめる「妊娠中毒症」は、現在「妊娠高血圧症候群」という呼び名に変更されています。今回は「妊娠高血圧症候群」による母子への影響、症状、治療法についてお伝えします。


妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)とは?

Getty logo

※画像はイメージです

「妊娠中毒症」という名前はもう使われていません

妊娠中に気をつけたい病気の一つ「妊娠中毒症」は、2005年4月より日本産科婦人科学会が正式に「妊娠高血圧症候群」という呼び名を採用し、この病名が普及しました。

「妊娠中毒症」から「妊娠高血圧症候群」へ

「妊娠中毒症」から「妊娠高血圧症候群」へと名称変更された理由は、妊娠中の母子に悪影響を与える中心的な要素が「高血圧」であることが判明し、高血圧を持つ妊婦さんについて、特に気を付けて管理する必要があることが分かったからです。これが、「妊娠中毒症」から「妊娠高血圧症候群」と呼ばれるようになったいきさつです。

妊娠20週~分娩後12週までの期間に、高血圧が見られる、または高血圧に蛋白尿を伴う症状が起きることを、妊娠高血圧症候群と呼んでいます。なお、妊娠高血圧症候群の原因については、まだ不明な点も多くあります。

妊娠高血圧症候群の母子への影響は?

胎児の成長への影響

妊娠高血圧症候群が悪化すると、血流が悪くなり、おなかの赤ちゃんの発育に悪影響を与える恐れがあります。以下、具体的な影響についてご紹介します。

■胎児の発育不全
胎盤や子宮の血行悪化により、おなかの赤ちゃんの栄養・酸素が不足します。特に、低酸素状態が長期間に及ぶと、赤ちゃんの脳に悪影響が出る可能性があります。

■低体重出産
胎内の発育不全により、生まれた時の体重が2,500g未満の「低出生体重児」となる可能性があります。

■死産
妊娠高血圧症候群の悪化で、おなかの赤ちゃんの発育に大きな影響が出続けた場合、ママのおなかの中で赤ちゃんが亡くなってしまったり、死産となる恐れがあります。

合併症が起きる恐れがある

妊娠高血圧症候群になると、合併症が出る恐れがあります。以下、具体的な合併症についてご紹介します。

■常位胎盤早期剥離
分娩前に胎盤が子宮からはがれてしまう状態です。全妊婦さんの1.0%前後に起きると言われています。常位胎盤早期剥離は、母子の命を危険にさらすことでも知られています。日本妊娠高血圧学会によれば、常位胎盤早期剥離による死亡率は「妊婦さんの5%~10%、赤ちゃんの30%~50%」であると報告されています。

■子癇(しかん)
妊娠20週以降に初めて痙攣(けいれん)の発作が出る状態です。子癇が治まらないと、ママと赤ちゃんの命が危険にさらされます。場合によっては、早期の帝王切開によっておなかの赤ちゃんを出してあげなければなりません。

■HELLP症候群
血液中の赤血球が壊れたり、肝臓機能の悪化や、血小板の減少といった症状が出るのがHELLP症候群です。症状が進行してしまうと、多臓器にダメージを受け命に関わる可能性があるため、早めの診断が望まれます。日本妊娠高血圧学会では「妊娠高血圧症候群のママの4%~12%、子癇のママの50%で発症する」としています。

こんな人は注意!

以下の人は、妊娠高血圧症候群になるリスクが上昇すると言われていますのでご注意ください。

・初めて妊娠・出産を経験する人
・妊娠前から高血圧、腎臓の病気、糖尿病などだった人
・肥満の人
・高年齢(35歳以上でリスクが高くなり、40歳以上ではさらに危険度が高い。一方で15歳以下も発症率は高い)
・高血圧の家系の人
・多胎妊娠(双子など2人以上のお子さんを妊娠)した人
・前の妊娠で妊娠高血圧症候群になったことがある人

妊娠高血圧症候群の症状

妊娠高血圧症候群は気づきにくいので要注意

妊娠高血圧症候群そのものについては、重症化していても自覚症状がほとんどないことがあります。体のだるさや頭痛が症状のひとつとしてありますが、妊娠中にはつい見過ごしてしまう可能性が高いため、早期発見のためにも妊婦健診はきちんと受けましょう。

妊娠高血圧症候群の合併症の自覚症状

妊娠高血圧症候群の合併症については、いくつかの特徴的な自覚症状があります。例えば、「HELLP症候群」ならば、吐き気、嘔吐、みぞおちの痛みなどが初期症状として現れます。これに風邪のような症状や下痢を伴うこともありますが、単なる風邪や体調不良と勘違いしない注意は必要です。こうした症状があって悪化していく場合は主治医に相談しましょう。

また「子癇」ならば、眼のかすみやチカチカする感じ、長く続く頭痛、みぞおちの急な痛みがサインとなります。

妊娠高血圧症候群の治療

安静にしつつ通院したり、入院が必要になる場合もあります。軽度の場合はカロリー制限や塩分制限(1日7~8g程度)を通院しながら行います。重症化した場合は、入院して血圧を下げる治療や痙攣を抑える治療を行います。また赤ちゃんの状態によっては、帝王切開でお産を早める場合も。妊娠高血圧症候群と診断された場合は、医師に状況を確認し、今後どういった治療が行われるのか説明をよく聞くようにしましょう。

まとめ

妊娠高血圧症候群は自覚症状に乏しく、効果的な予防法も確立されていません。そのため、妊娠中~産後の妊婦健診をしっかり受けて、少しでも気になる点があればすぐにかかりつけ医に相談することが重要です。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※記事の修正を行いました(2019.06.11)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。