妊婦もプロテインでタンパク質補給?妊娠中も飲めるプロテインと注意点【管理栄養士監修】

妊婦もプロテインでタンパク質補給?妊娠中も飲めるプロテインと注意点【管理栄養士監修】

ボディラインを意識している人の中には、筋肉をつけることによるボディメイクをするためにプロテインを摂取している人も少なくないでしょう。でも、妊娠してからは飲むことができるのでしょうか。今回は妊娠中のプロテイン摂取についてお伝えします。


この記事の執筆者
奥野由 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
前職は加工食品の研究開発職。自身の出産を機に離乳食アドバイザーを取得し、活動を開始する。ベビーフードの開発および監修の他、大阪府高槻市にて離乳食教室開催、育児広場での相談会などを実施。食品科学、調理学をベースに手軽で美味しいレシピの考案に尽力している。
離乳食教室 FooMiLab HP

「奥野由 先生」記事一覧はこちら⇒

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

妊婦にはタンパク質が必要

妊娠中は胎児の発育のためにも栄養が必要なため、妊娠していない時よりも摂るべき栄養素量が多くなります。タンパク質についても妊婦さんはより多くの量が必要となります。

妊娠後期は75g!妊婦が摂るべきタンパク質の量

妊娠中は非妊娠時より多くのタンパク質を摂るよう“付加量”が設定されています。18〜49歳の女性における1日当たりのタンパク質推奨量は50gですが、妊娠中期は+5g、妊娠後期には+25gという付加量が設定されています[*1] 。

妊婦のタンパク質不足による影響

タンパク質は赤ちゃんの身体を作るために必要な栄養素です。不足することで赤ちゃんの発育不全が見られる可能性があります。

妊婦のタンパク質にプロテインはよい?

妊娠中、より多くのタンパク質が必要になります。そのタンパク質をプロテインで補給しても良いのでしょうか?

プロテインとは

プロテインとは粉末状のタンパク質高含有サプリメントで、牛乳などに溶かして飲みます。ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインなどがあり、一部の栄養素が強化されたタイプのものもあります[*2] 。

妊婦でも飲めるプロテインもある?

プロテインの製品によって、妊娠中は控える旨の記載があるものと、ないものがあります。

プロテインのタンパク質の「由来」は、「大豆」のものか「乳」のものかに大別されますが、特に「大豆」由来のタンパク質に関しては、通常の食生活に上乗せして摂取することが推奨されていません[*3] 。妊娠中の摂取について記載のあるなしに関わらず、大豆由来のタンパク質を含むプロテインは避ける方が無難かもしれません。

妊娠中にプロテインを飲む際の注意点

妊娠期にはタンパク質をいつもより多めに摂った方がいいため、プロテインが役立ちそうに思えますが、注意も必要です。

飲む前に必ずかかりつけ医に相談を

ダイエットやスポーツのための補助栄養としてプロテインを摂取していることがありますよね。妊娠すると身体の代謝や内臓機能が変化します。また、運動習慣も非妊娠時と異なります。妊娠の経過によってはプロテインの摂取を控える方が良いケースもあるため、必ずかかりつけ医に相談するようにしましょう。

なお、妊娠中は葉酸以外のサプリメントを安易に摂らない方がいいと考えられています[*4]。

飲む際は適正量を守って飲む

プロテイン製品は1食分に含有されるタンパク質量やアミノ酸、ビタミン類などその他栄養素の構成や量が種類によって様々です。タンパク質を取りたいからと適正量を守らずに摂取することで、過剰摂取となってしまう栄養素が生じる可能性があります。かかりつけ医に相談の上、適正量を摂取するようにしましょう。

まとめ

最近はタンパク質の摂取量不足が問題視され、プロテインをスポーツ選手だけでなく、一般の人も摂取するようになってきています。妊娠中は非妊娠時とは身体が大きく変化します。必ずかかりつけ医に相談の上、バランスの良い食生活を基本として、摂取するかしないかを判断できると良いですね。

(文:奥野由 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 「日本人の食事摂取基準 2020年版」. 厚生労働省, 2020年.
[*2]日本スポーツ振興センター. 「プロテインサプリメント | ハイパフォーマンススポーツセンター」.
[*3] 「お母さんになるあなたへ | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する」.
[*4]国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 健康食品の基礎知識「妊娠中のサプリメントの利用について」

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊娠すると食事の面で何か特別なことをしなければならないと考えがちですが、バランスの良い食生活を送ることが基本です。妊婦さんが知っておきたいことして、積極的に摂りたい食べ物と控えた方が良い食べ物があるのでご紹介します。


妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

妊婦はどのぐらいアーモンドを食べていい?栄養素とおすすめの食べ方【管理栄養士監修】

美容や健康にいいといわれるアーモンド。最近はアーモンドミルクなども気軽に手に入るようになりましたね。アーモンドには妊娠中に取りたい栄養素も含まれており、小腹が空いたときなどのおやつにピッタリな食材です。


最新の投稿


【爆笑】おでかけ服選びで悩み抜いた娘のこだわりコーデ ⇒ 絶対に笑ってはいけない親たちプルプル

【爆笑】おでかけ服選びで悩み抜いた娘のこだわりコーデ ⇒ 絶対に笑ってはいけない親たちプルプル

Instagramで子育て漫画を発信されるはなゆいさん。はなゆいさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

『モラハラ夫に人生を狂わされた話』子育て編(Vol.94~Vol.118)をイッキ読み

モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々がInstagramで大反響を呼んだ大人気コミックエッセイ連載『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をイッキ読み♪


【どういうこと?義実家で仲間外れ】夫が味方でない、と妻が感じた瞬間

【どういうこと?義実家で仲間外れ】夫が味方でない、と妻が感じた瞬間

なんだかんだ言っても、夫は好きで結婚した相手。何かあったときは、絶対に自分の味方でいてほしいというのが妻の本音ですよね。今回は、ママたちが「夫が味方じゃない」と感じたエピソードについて、アンケートを実施。どんなときにそう感じたのか、まとめました。


【天使なんかじゃないけど】魔の2歳児、悪魔の3歳児を乗り越えたらこんなに成長してた!

【天使なんかじゃないけど】魔の2歳児、悪魔の3歳児を乗り越えたらこんなに成長してた!

Instagramで子育て漫画を発信されるちゅぶ みりんさん。ちゅぶ みりんさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


ベビーフィートのメリットや選び方を知りたい! おすすめ商品5選も紹介

ベビーフィートのメリットや選び方を知りたい! おすすめ商品5選も紹介

赤ちゃんが伝い歩きを始めると気になるのがベビーシューズ選び。赤ちゃんが履く初めての靴として、ベビーシューズではなくベビーフィートを選ぶママが増えています。今回は、ベビーフィートのメリットや選び方とともに、おすすめ商品を5つご紹介します。