お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

失恋を癒やすおすすめ映画は? 泣ける・前向き・コメディ15選【邦画・洋画】

シシィ

失恋を癒やすおすすめ映画【邦画編】

ここからは、失恋を癒やす邦画を紹介します。こちらもぜひチェックしてみてください。

(1)『花束みたいな恋をした』

恋愛について考え直してみたい人には、『花束みたいな恋をした』がおすすめです。

こちらは、ありふれたカップルの出会いから別れまでの5年間を綴った作品。ただハッピーというだけではいられない「恋愛の難しさ」をリアルに描くことで、「刺さった」「泣いた」という人が続出。

失恋から目を逸らさず、いったん棚卸ししてみることが、次の恋に進む上で重要な時もありるはずです。

【あらすじ】

終電を逃したことがきっかけで偶然出会った麦と絹。趣味や好きなものの共通点が多い2人は、あっという間に意気投合し、付き合うことに。大学卒業後同棲する2人だったが、徐々に微妙なすれ違いが生まれ始めて……。

(2)『君の膵臓をたべたい』

ヒロインの恋愛模様に涙したい人には、『君の膵臓をたべたい』がおすすめです。

病気を抱えるヒロインの芯ある強さに勇気をもらえる映画。重すぎるストーリーは苦手という人でも比較的見やすくなっています。

時を経て知るヒロインの真実に、きっと感動することでしょう。

【あらすじ】

教師の「僕」は、ふとしたきっかけで高校時代のクラスメイト・桜良との記憶をよみがえらせた。高校生の頃、ある日病院で「共病文庫」という日記を拾った「僕」。本には、膵臓の病気を患って余命幾ばくもないことや、日々の思いなどが綴られていた。

その本の持ち主こそが桜良だった。彼女は「僕」へ、死ぬ前にやりたいことに付き合うよう依頼してくる。

(3)『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

大切な人を思い続ける純粋な気持ちに感動したい時には、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』がおすすめです。

お互いを思いやる優しさであふれた純愛ものの作品で、ヒロインの真実や結末が分かった瞬間、彼女の言動を思い返して号泣してしまうかもしれません。

時間軸が絡んだ謎があるので、ミステリー好きでも楽しめる内容となっています。

【あらすじ】

大学生の高寿は、通学途中の電車で出会った愛美に一目惚れし、思い切って声をかける。次に会う約束を取りつけようとすると彼女は、なぜか突然泣きだしてしまう。

徐々に距離を縮め、付き合い始める2人。しかし、愛美には、ある重大な秘密があった。

(4)『いま、会いにゆきます』

家族愛に触れて存分に泣きたい人には、『いま、会いにゆきます』がおすすめです。

亡くなったはずの妻が突然現れるというファンタジー色のある本作品。リアルでガツガツした恋愛模様を見たくないという人でも安心して見られるでしょう。

まっすぐな家族の愛情を描いているので、温かい気持ちになれそうです。

【あらすじ】

巧の妻・澪は、息子の祐司を生んですぐに亡くなった。母の死に責任を感じる息子の佑司と巧はつつましく暮らしていたが、梅雨のある日、澪そっくりの女性が現れる。思い出の場所を巡るうちに絆が生まれていく3人。しかし澪は、梅雨の終わりと共に再び姿を消してしまった……。

(5)『あやしい彼女』

淡く切ない気持ちを体感したい人には、『あやしい彼女』がおすすめです。

こちらは韓国の同名映画のリメイク作品。昭和歌謡の美しく物悲しいメロディにも心奪われることでしょう。

【あらすじ】

頑固で毒舌な73歳のカツは、周囲とぶつかりがちな日々を送っていた。そんなある日、娘と喧嘩して家を飛び出した彼女は、何気なく立ち寄った写真館で魔法にかかり、20歳の頃の美しい容貌に若返ってしまう。

失った青春を取り戻そうと考えた彼女は「節子」と名乗り、のど自慢大会に出場。天賦の才を持つ彼女の歌声は周囲を魅了し、やがて歌手になるチャンスが訪れ……。

(6)『イニシエーションラブ』

したたかな恋愛模様を知って次の恋に生かしたい人は、『イニシエーションラブ』がおすすめです。

2人の出会いや順調な交際期間を描く「side-A」と、転勤で遠距離恋愛になり関係が終息していく「side-B」の2部構成。単なる恋愛もので終わらない大きな仕掛けが隠されており、ミステリー好きでも楽しめる内容になっています。

【あらすじ】

バブル全盛期の静岡。就活生の鈴木は、合コンで出会った歯科助手のマユに心奪われる。恋愛初心者の鈴木は自分を磨き、みるみるうちにスタイリッシュに変貌。付き合いだした2人だが、就職した鈴木は東京本社へ転勤することになる。

週末のたびに東京から静岡まで行き来する鈴木だったが、職場の美弥子との出会いや、遠距離恋愛の疲れなどから徐々にマユとすれ違い始め……。

(7)『ザ・マジックアワー』

恋愛で疲れた肩の力を抜き、クスリと笑って過ごしたい人には、『ザ・マジックアワー』がおすすめです。

恋愛要素は薄めで、基本的にはヒューマンコメディです。見終わった後に温かい気持ちになれることでしょう。

【あらすじ】

地元を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出してしまった備後。命を助けてもらう代償として、伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れてくるよう命じられる。しかし、顔も素性も知らない伝説の殺し屋など、おいそれと見つかるはずもなく……。

困り果てた備後は、三流役者の村田に白羽の矢を立てる。村田には映画の撮影と偽り、ボスの前でデラ富樫を演じさせ!?

失恋は、映画の力を借りて癒やそう

今回は、失恋した時におすすめの映画を、洋画と邦画に分けて紹介しました。

フィクションとはいえ、他人の恋や生活を疑似体験することで、何か得るものがあるはず。頭を空っぽにして、思い切り泣いたり笑ったりすれば、やがて心が晴れていくでしょう。

もし気になる作品があったらぜひチェックしてみてください。映画を観て気持ちをリセットし、明日を生きる活力を取り戻しましょう!

(シシィ)

※画像はイメージです

 

※この記事は2022年09月08日に公開されたものです

シシィ

関東在住のWebライター。プログラマーやコールセンターのオペレーター、医療検査用品会社の事務など幅広い職歴を持つ。分かりやすく実のあるコンテンツ作りを目指し、日々奮闘中。プライベートでは、ミステリーや合唱などをたしなむ。フィギュアスケート教室通いがマイブーム。夫や猫と共に、ゆるやかな日常を送っている。

この著者の記事一覧 

SHARE