お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

真剣交際中のスキンシップはどこまでOK? 相手との距離を縮めるコツ

#Lily_magazin

#Lily_magazin

真剣交際中のスキンシップで距離を縮めるコツ

真剣交際中のスキンシップは、「まだ早い」と拒否され交際終了のきっかけになることもあれば、2人の距離を縮めることもある諸刃の剣。

最後に、真剣交際中のスキンシップで距離を縮めるコツをご紹介します。

(1)段階を踏んでいく

真剣交際中のスキンシップは、段階を踏んで進めていくのがおすすめです。具体的には、以下のような流れはいかがでしょうか?

段階1.軽いボディタッチで距離を縮める

段階2.手をつないでデートする

段階3.デートの別れ際にハグをする

段階4.OKをもらえたらキスをする

真剣交際中とはいえ、まだまだ2人は出会ったばかり。心の距離と共に、体の距離も縮めていきましょう。

(2)雰囲気づくりをする

スキンシップを取る時は、良いムードをつくるようにすると相手に受け入れてもらいやすいかもしれません。

カップルのムードを高める夜景スポットに出向いたり、観覧車に乗ってみたり。デートが盛り上がってきた時にスキンシップを取るようにすると良いでしょう。

(3)言葉でも愛情を伝える

スキンシップは、時に言葉を上回るコミュニケーション手段にもなり得ます。「愛してる」の一言よりも、ギュッと抱きしめられた時に愛情を感じることもあるからです。

しかし、真剣交際中はその都度言葉で「好きだよ」「愛してるよ」と伝えてあげるのがおすすめ。

言葉とスキンシップの相乗効果で、お相手に余りある愛情が伝わるはずです。

真剣交際 スキンシップ

「好きだよ」なんてこっぱずかしいと感じる私のような民には、「選んでくれてありがとう」「○○さんで良かった」というニュアンスの言葉もおすすめ。

好きだという気持ちが十二分に伝わる言葉です。

真剣交際中のスキンシップはお相手の気持ちを大切にしよう

結婚相談所の真剣交際では、一般的にキスまでOKとされている場合が多いでしょう。

しかし特に大切なのは、お相手の気持ちを確認しながら進めていくこと。少しずつ段階を踏んでスキンシップを取ることで、より2人の仲が結婚に向けて深まっていくでしょう。

真剣交際のお相手は、結婚相談所というたくさんの異性がいる中で出会えた運命の人。その人の気持ちも、体も大切に扱ってくださいね。

(#Lily_magazin)

※画像はイメージです

※この記事は2022年06月17日に公開されたものです

#Lily_magazin (恋愛専門編集プロダクション)

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 
#Lily_magazin (恋愛専門編集プロダクション)

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 

SHARE