お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【vol.3】求められる理想像

#わたし偽装キラキラ女子でした

あい茶さんの漫画『わたし偽装キラキラ女子でした』(コルク)を全9回でお届けします!

表面上はキラキラに見えるあの子も、裏ではヨレヨレかもしれない……!? 著者・あい茶さんの実話を交えて描いた漫画『わたし偽装キラキラ女子でした』(コルク)を全9回でお届けします!

思わず共感してしまうエピソードもあるかも。ぜひ書籍とあわせてお楽しみください。

相手に求めるものが多い人と付き合うと大変ですよね。茶子さんがげっそりしてしまう理由もわかる。彼は納得してくれるんでしょうか?

続きは書籍でお楽しみください!

(漫画:『わたし偽装キラキラ女子でした』あい茶著(コルク)より一部抜粋/マイナビウーマン編集部)

『わたし偽装キラキラ女子でした』あい茶著(コルク)

上京して「キラキラ系」社員が多いと噂されるIT企業に入社した、相田茶子23歳。仕事に精一杯で、私生活はどんどんヨレヨレ女子になっていき、休みの日は屍と化していた。しかし、彼氏ができたことがきっかけで、ハリボテのキラキラ女子風を装う生活が始まり、更に追い詰められていく……!? 茶子は幸せを見つけられるのか!?

※この記事は2022年06月04日に公開されたものです

BACKNUMBER 「#わたし偽装キラキラ女子でした」をもっと見る

MORE

SHARE