お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

気を付けて。「敵に回してはいけない人」5選

前田郁(ライター・シナリオライター)

「敵に回したくないな」と思う相手とは、一体どういう人でしょうか? インタビューやお芝居で、普段から多くの人と交流があるシナリオライターの前田郁さんにまとめてもらいました。

何か問題が起きた時やどうしても譲れないものがある時、思いがけず人と対立してしまうことがあります。

でも、敵に回すと厄介な人との衝突は、できるだけ回避したいものですよね。

今回はそんな「敵に回したくない人」とはどういう人なのか、まとめました。

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

(1)リーダー格の人

リーダー格の人というのは、周囲に与える影響力が大きいので、職場でも趣味のサークルでも敵に回すと自分の立場が悪くなります。

長いものに巻かれるのは嫌だと考える人もいるとは思いますが、むやみに反発して関係を悪くするのは得策とはいえないでしょう。

(2)うわさ好きな人

社内のゴシップをすべて把握しているような人も、敵に回すと厄介です。

「うわさ話をしている暇があったら仕事すれば?」と思うかもしれませんが、敵に回してあることないこと言いふらされても面倒なので、下手に関わらない方が無難でしょう。

(3)粘着質な人

普段一緒に仕事をしたり、付き合ったりするだけなら問題ないのですが、粘着質な人の怒りを買ったら最後。

何かにつけて嫌味を言われたり、邪魔をされたり。それがいつまで続くか分からないのがさらに恐怖です。適度な距離を置いて付き合った方が得策でしょう。

(4)人脈が広い人

会社などの組織内だけでなく、その業界全体に幅広く人脈を持っている人を敵に回すと、会社を辞めて他のところへ行こうにも、手を回されて阻止される可能性があります。

人脈は良くも悪くも私たちの生活に大きく関わっているということです。

(5)失うものがない人

その会社や組織を辞めても生活できる人やいつ辞めてもいいと思っている人が、最後に爆弾を残していくことがあります。いわゆる「無敵の人」ですね。

どこにどう爆弾を仕掛けるか分かりませんから、もしも普段から人に冷たく当たり過ぎていると、手痛いしっぺ返しを食らうこともありますよ。

「おとなしそうな人」こそ実は敵に回したくない人

敵に回したくない人を5パターン紹介してきました。

確かに、その職場やサークルのリーダー格の人を敵に回すと怖いのですが、反対派を集めて反撃できる場合もあります。

実はそれよりも怖いのは、一見おとなしい人や優しい人が、みんなの弱みを握っている場合なのです。

知らずに敵に回すとかなり厄介なので、普段の身の振り方には気を付けた方がいいですよ。

(前田郁)

※画像はイメージです

関連する診断もあわせてチェック!

あなたはどう? 「仕事ができる人度」診断

あなたは熱いハートの持ち主? 根性診断

あなたはどっち? 聞き上手or話し上手診断

 

前田郁(ライター・シナリオライター)

100名近い不妊治療経験者へのインタビューから、夫婦関係、男女関係についてリアルな話を聞いた経験を持つ。現代は、結婚か仕事かの二者択一ではなく、結婚も仕事も、そして出産も趣味も、なんでもアリの世の中だけに、余計に迷うことの多い女性を応援したい! が信条。演劇は観るのも好きですが、シナリオライターとして、恋愛を題材にした朗読劇やwebドラマのシナリオも執筆、上演している。

この著者の記事一覧 

SHARE