お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジ疲れるっ! 一緒にいて「ストレスが溜まる」男性の特徴6つ

ファナティック

職場の男性と話をするとき、つまらないと思っていても、無理やり話を合わさなければならないこともありますよね。早く切り上げたいと、心の中では思っている人も多いのではないでしょうか。社会人女性に、話していて「ストレスがたまる」男性の特徴をあげてもらいました。

自慢話ばかりする

・「自慢ばかりをしてくる。疲れてしまうのでいやになってくる」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「自分の自慢話ばかりしている。聞いていてもつまらないから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

話をしていても、いつも自分の自慢話ばかりしてくる男性にはウンザリしてしまうもの。相手にそれほど興味がないと、苦痛にしか感じませんよね。

何がいいたいか分からない

・「結局なにを言いたいかわからない男性」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「結論がはっきりと一番に出てこない。遠回しの回答はイライラします」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

話をまとめることが苦手な男性の場合、会話をしていても、結局何がいいたいのか分からないこともあるものです。聞いていると、こっちまでイライラしてきそうですよね。

話がかみ合わない

・「話がかみ合わない人。自分の持って行きたい方向でしか捉えられない人」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「話がかみ合わない人にはイラっとした」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

会話がなぜかかみ合わない男性もいますよね。こちらの質問に対して、とんちんかんな答えをされてしまうと、人の話を聞いているのか疑問に思えてきそう。

話が長い

・「話がダラダラ長くて、とりとめがない事しか話さないやつ」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「話が長くて、オチがない、またはオチが面白くない」(25歳/その他/専門職)

話がやたらと長い男性も疲れてくるもの。オチすらない話を延々と聞かされると、聞いているほうも疲れてきますよね。

話をかぶせてくる

・「人に話題を振っておいて口を挟んだら、自分の意見でかぶせること」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「話をかぶせてくるタイプの人です」(25歳/生保・損保/営業職)

会話をしているときに、自分の話を主張したがる男性もいますよね。人が話をしているのに、無理矢理会話をかぶせてくると、いいたいこともいえず、ストレスを感じてしまいそうです。

自分の話しかしない

・「自分の話ばかりしたがり、なくなれば急に話題を聞いてくる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「自分の話しかしない。こちらが疑問を投げかけないと会話が終わる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

話の内容が全て「俺が、俺が」だと疲れてきますよね。そこまであなたに興味はありませんから!と、いえるものならいってみたいものです。

まとめ

相手がどのような気持ちになっているかも気にせず、一方的に話をすすめる男性もいるもの。こちらがどれだけストレスを感じているかは、気づくことはないかもしれませんね。あまり真剣に話を聞くのは避けておいたほうが良いかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~35歳の働く女性)

 

※この記事は2016年11月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE