お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ヘアスタイル

“命毛”って何!? ヘアライターに聞く、見た目の印象を変える「髪」の作り方

佐藤友美(さとゆみ)

初対面の相手や気になる男性から好印象に思われたいというのは誰もが願うもの。パッと見たとき、その人の印象を決める要素は「顔」だと考える人は多いと思いますが、その「顔」のパーツの中に「髪」を入れている人はどのくらいいるのでしょうか? 実は、「髪」はその人の顔の印象を左右する大きなポイントとなるそう。今回は、2016年6月の発売からたちまち7万部を突破した話題の書籍『女の運命は髪で変わる』の著者で、ヘアライター&エディターの佐藤友美さんに「見た目の印象をよくする『髪』の作り方のポイント」について、お話を伺いました。

■髪が整っていれば、相手の印象に残りやすい!?

人の第一印象は「髪」でほぼ決まります。たとえば、合コンや就職活動などで会った人の印象を振り返るときは、髪型の記憶でトークすることが多いんです。「あのロングの子どうだった?」とか「髪巻いていた子、よかったよね」のような。だから、実は本人が思っているよりも「髪が整っているか」「髪型がその人のキャラに合っているか」というのは周囲の人に見られていると思ったほうがいいです。

それに、職場などでは人の正面の顔を見る機会はそこまで多くありません。職場のデスクで仕事をしているときは、うしろから声をかけられることが多いですよね。そのとき、声をかけた人が見ているのは、斜め45度の角度。つまり、顔のパーツよりも髪を見られることが圧倒的に多いもの。だから、髪さえ美しければ「キレイな人」と印象づけることができます。

■「髪、キレイだね」は最高の褒め言葉

また、「髪がキレイ」というのは、「生まれつきキレイな人」だと思われているということ。「メイクが上手」というのはテクニックを褒められているだけであり、その人自身を褒めているわけではありません。でも、髪は自分の体にはじめからくっついているもの。だから、「髪がキレイ」と言ってもらえることは、その人自身を褒めていることと言えます。

「歯並びがいいね」「脚が長いね」など、見た目の褒められポイントはいくつかあると思いますが、なかなか自分の努力で変えられないことのほうが多いですよね。でも、髪は手をかければかけるだけキレイになれます。だから、もっとキレイになりたいと思ったときは、メイクや服装やボディメイクよりも先に、「髪」に力を入れていくほうがいいですよ。

■見た目の印象をグッとよくする「髪」の作り方は?

具体的に「髪をキレイに見せたい」と思ったとき、多くの人は「どのシャンプーを使えばいいんだろう」「効果の高いトリートメントはどれ?」と考えます。もちろんヘアケアアイテムを見直すこと自体は決して悪いことではないと思いますが、実は、半分……いや、8割くらいは「間違い」です。

というのも、髪をキレイにして見た目の印象をよくする大事なポイントは「ヘアケア」よりも「ヘアスタイリング」なんです。

「ヘアケア」は食事で言えば、「素材にこだわる」かどうか。「スタイリング」は「どう料理するか」ということだと思います。素材が高級でなくても、料理の仕方次第でおいしく見せることは十分可能。それと同じで、実際に髪が傷んでいるか傷んでいないかよりも、スタイリングで傷んでいないように見せることのほうが重要なのです。

また、ヘアケアによる効果が髪にあらわれるまでは、かなりの期間が必要です。であれば、ヘアスタイリングに力を入れるほうが断然手軽で即効性があります。髪を乾かすとき、いつも適当にブローをしているという人は、いくらいいシャンプーやトリートメントを使用しても、ツヤのあるキレイな髪に見えるようにはなりません。まずは「きちんとブローをする」だけでも、髪がしっかりまとまり、周囲から「キレイだな」と思ってもらえるような髪が手に入ります。

もちろん、ヘアケアをがんばることも大事です。ただ、順序としてはまずスタイリングの見直しをすることからはじめるようにしてください。髪質そのものを変えようとするのではなくキレイに「見せる」ということに重点をおくような考え方がいいですね。ヘアケアは、素敵な髪を手に入れるための土台だと思ってください。

■見た目のツヤをすぐに手に入れるスタイリング方法

一般的に、好かれる髪というと「ツヤのある髪」を連想する人が多いはず。この「ツヤのある髪」は、髪に「熱処理」を入れるだけですぐに手に入ります。ヘアアイロンを使い、キューティクルを整え、髪の凸凹をなだらかにするようなイメージでアイロンをすべらせて。それだけでも髪の表面がまっすぐになり、光があたったときにキレイに反射し、ツヤがあるように見えます。

■「前髪」と「命毛」で、顔の印象をチェンジ

スタイリングの仕方のほか、髪型にほんの少し変化を加えるだけでも、印象はガラリと変わります。特に大事なポイントは2つ。

まずは、「前髪」です。顔の印象にもっとも影響するのは、顔まわりの毛。その中でも、前髪は一番重要です。毛先をバッサリ切るよりも、前髪をほんの少しいじるほうが変化が出ます。カットするのではなく、分け目を変えるだけでも別人のようになります。前髪は、あってもなくてもOK。自分がどんなふうになりたいかで前髪のスタイルを決めるといいと思います。前髪をまっすぐ下ろしていると若い印象になりますし、ななめにするとエレガントに。前髪をつくらずセンターパートにするとキリッとした印象になります。

もうひとつ大事なのは、「命毛」をつくること。文字通り命の毛と書いて「命毛(いのげ)」と呼んでいるのですが、これはほほ骨にかける顔まわりの毛のこと。この命毛があることで、顔の輪郭をカバーできます。顔に影がかかることで立体感が生まれ、顔をキュッと細く見せることができます。髪をまとめるときも、この命毛があれば毛が顔まわりに残るので、顔が小さく見えます。

髪は手をかければかけたぶんだけすぐに見た目の変化としてあらわれます。そして、髪を褒められる経験をすると、自己肯定感が増していき、より自分の魅力を前向きに捉えられるようになります。まずは毎日のヘアスタイリング、そして前髪と命毛を駆使して印象を引き上げていきましょう。

■『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版刊)

4万人、200万カットのヘアスタイル撮影に関わった日本初、かつ唯一のヘアライター&エディター・佐藤友美による書籍。「似合う髪型」ではなく「なりたい自分」をイメージして、髪型を決めるとうまくいく。「ファッションより、メイクより、実は、人生を変えるのは『髪』」として、「髪から運命を変える方法」を、5つの観点から、事例を交えて紹介。価格は、1,300円(税抜)

■監修:佐藤友美(さとゆみ)

日本初、かつ唯一のヘアライター & エディター。
「ほんの少し髪を変えるだけで劇的に印象が変わる」ルールを法則化した最新著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)が、発売たちまち7万部と大好評。日本最大のヘアスタイルフォトコンテストの審査員をはじめ、40代からの情報サイト「ユニークピース」の編集長、ヘア製品の商品開発アドバイザーなど、美容業界での活動は多岐にわたる。近年はヘアスタイル選びのアドバイザーとしても高い満足度を得ている。

(取材・文:マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]