お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド メイク

【「いいね!」が集まるヘア&メイク】トリンプでMDとして奮闘! 理想のメイクは「ナチュラルメイクで唇がプルッ」

伊藤康江

「会社では髪もメイクもきちんとしたいけれど、がんばりすぎに見えるのはイヤ」「休日はラクをしつつも女っぽさを出したい」と日々ヘアメイクにあれこれ頭を悩ませている女子は多いはず。自分のセンスも大事ですが、やっぱり男性の目も気になるもの。そこで、誰もが知るあこがれの企業で働くステキ男子に、どんな女性のヘアメイクを「いいね!」と思うのかを聞いちゃいます。ぜひ毎日のヘアメイクの参考にしてみて♪

企業で自分らしく生き生きと働くステキな男性社員に「いいね!」と思う女性のヘア&メイクについて聞く「ステキ男子に聞く!~『いいね!』が集まるヘア&メイク~」。職場や休日のシーン別で、「いいね!」と思う女子のヘアメイクについて教えていただき、さらに今、担当している仕事についてもお話を伺います。記念すべき第1回目は、下着メーカーの「トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社」を訪問し、ブランドのマーチャンダイザー(MD)として忙しい日々を送る福田恭宏さん(31)にお話を聞きました!

爽やかな笑顔が印象的な「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」の福田恭宏さん

福田恭宏さん(31歳)
 トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社
 ブランドマーチャンダイジング2部
<PROFILE>2008年に「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」入社。入社当時は百貨店担当の営業として勤務。2014年2月からマーケティング本部の配属に。百貨店で展開しているプレミアムライン「ESSENCE by Triumph(エッセンス バイ トリンプ)」を担当。

理想のヘア&メイク

福田さんが「いいね!」と思う女性のヘア&メイクは……?

オンのヘア&メイク

「ナチュラルメイクで、唇がプルッとしているといいなと思います。黒縁メガネをかけて、仕事モードでキリッとした表情も好印象です。ヘアスタイルはまとめ髪でもただキュッとまとめるのではなく、おくれ毛を残したゆるいアレンジで、どこかにほどよい抜け感があるとグッときます。ネイルもピンクやベージュを塗っている人が多い中、カーキなど流行を自分なりに取り入れている女性はステキだなと。全体のコーデとネイルがトータルで合っているとオシャレだと思います」

オフのヘア&メイク

 

「リラックスした雰囲気が好きなので、ノーメイクでもOKなくらいのすっぴん風が好みです。肌は白いほうがいいですね。トレンドの丸メガネをかけているとオシャレだなと思います。大学時代はお団子ヘアが大好きで、好きすぎて自分もお団子ヘアにしていたほど(笑)。今はセミロングくらいのダウンスタイルで、作り込みすぎていない感じがいいですね。余談ですが、マスクをしている女性も気になります。“マスク美人”とも言われますが、口もとで印象ってかわるので、いろいろ想像できていいなと(笑)」

ステキ男子のお仕事

MDのお仕事は……?

商品の設計と戦略を練るMDとして働く福田さん。「どんな商品をどの時期にどの店舗に向けて、どれだけの量を作るかを決める、企画の一番“川上”になる仕事をしています。どの店にどれくらい売るかを営業と話し合って社内合意を得たり、デザイナーと一緒に商品の方向性を考えたり……」と社内外のいろいろな部署に働きかけ、調整を行ういわばハブのような役割を果たしています。

商品を企画して実際に商品が店頭に並ぶまでのリードタイムは「1年から1年半くらい」といい「世の中の流れを読んで仮説を立てて、プランニングをしていくため、結果が出るまでが長いのですが、仮説通りに結果が出るとやはりうれしいですね」と顔をほころばせました。

職場は“女の園”?

女性下着メーカーと言うと「男性はいるの?」と思われがちかもしれませんが、営業部は男性社員の割合のほうが多いといいます。福田さんが所属するマーケティング本部の男女比は「1:9」ということで女性が多数を占める“女の園”ですが……。

リラックス効果があるというグリーンに囲まれた福田さんのデスク。

「高校は男子校出身なのですが、大学時代は男が3人しかいない学科だったので、男子校→女子校→(営業時代の)男子校→(現在の)女子校という感じで抵抗はないですね。馴染んでいるっていうことなのかな」とはにかみました。

「職業病かな?」と思うことは、女性用の下着売り場に抵抗なく入っていけることだそう。「他社の新商品が発売されていると『どんなレース使っているんだろう』とか、『(素材が)軽いな』とか下着をじっくり見てしまって、よく妻に『お願いだからやめて』と言われます(笑)」

次回は同じく「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」で働くステキ男性社員・横尾祐介さんを紹介します。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

1964年設立。本社は東京都中央区。国内下着業界では第2位に位置し、「天使のブラ」「ESSENCE by Triumph」「AMO’S STYLE by Triumph」などの「トリンプ」ブランド商品を中心に、「sloggi(スロギー)」「Valisere(ヴァリゼール)」を含めた3大ブランドを展開。年に2回発表する世相を反映した「世相ブラ」は毎回話題に。従業員数は約2800人。従業員の男女比は総合職がほぼ半々で、販売職を含めると男女比は「1:9」。

公式サイト:https://jp.triumph.com 

(取材・文:伊藤康江、撮影:矢野智美、イラスト:寺澤ゆりえ)

お役立ち情報[PR]