お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

きょうは気合をいれたいから……! 力を入れているメイクのパーツ4つ

ファナティック

気になる男子とデートの日や仕事で気合を入れたい日はメイクやファッションにも気合が入りますよね。メイクがバッチリ決まると気分よく過ごせるものです。そこで今回は働く大人の女性たちに、普段のメイクで、特に力を入れているパーツについてお話を聞かせてもらいました。

お肌の仕上がり

・「肌。きれいな肌は必須だから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「目の下のクマを隠すこと」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「肌がキレイに見えるファンデーション」(27歳/その他/専門職)

下地をしっかりと作り、お肌をキレイに仕上げると、それだけで魅力が増しますよね。お肌がキレイな女性は、同性にも異性にも羨望の眼差しを向けられることがあるほど。適当に仕上げたボロボロのお肌ではNGですね。

アイメイク

・「アイメイク。特にマスカラをていねいに塗ること」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「アイメイク。きりっとしたはっきりした目になるように、シャドウとラインで気合いを入れています」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「目元。アイシャドウとアイラインとマスカラをしっかりしている」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「目。つけまつげもエクステもしていないので、マスカラでどれだけ目力が出せるか頑張っている」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

目力を大きく左右するアイメイク。メイクの仕方によって、かわいい系にも美人系にも変化します。会う相手、服装などによって、変化を付けたいポイントですね。

チーク

・「チーク。頬の高さを気を付けている」(29歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「頬あたりの仕上がり」(35歳/その他/営業職)

・「チークと眉描き。この2つだけは忘れない。のっぺらぼうになってしまう」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

チークにも流行り、廃りがあるものですよね。スタンダードな付け方、色もよいですが、付ける位置、ピンク、オレンジ、赤系などさまざまな色に挑戦したら、メイクの幅が広がるかもしれませんよ。

リップ

・「唇、口元で顔の印象がガラリと変わるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「口紅。赤めの色」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

目に比べて、そこまで見る人の気を引かないのでは? と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。唇は、目よりも強い色を配色できるポイント。同じ人が付けるにしても、流行の青みピンクと深い赤とでは大きく印象が変わります。こちらもその時々に合わせて変化させたいですね。

まとめ

自分の顔の中で、どこに一番自信があるか、それを自覚すればメイクで力を入れるべき場所が自然とわかるはずです。「なんとなく」でメイクをするのではなく、自分の魅力を最大限に引き出すメイクで、春の街にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]