お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド イベント

植物が「歌う」時代に? 植物が音楽を奏でる「Singing Nature」

Singing Nature

Singing Nature 制作委員会は、3月1日に、楽曲プロモーション体験「Singing Nature」を発表した。植物から音楽を奏でる、先端テクノロジーを活用している。

一足先に夜桜デートを♪ お台場に音と光が融合したデジタル桜並木が出現!

「Singing Nature」では、植物の幹に振動デバイスを設置し葉を振動させることで、植物をスピーカーに変えて音を出す「植物音響発生装置・生け花スピーカー」という技術を用いている。

制作委員会の中心メンバーは、ANAバーチャルハリウッドプログラムディレクターで植物スピーカー音響発生装置発明者の古賀敬司さん、日本でもっとも有名なフラワーアーティストの一人であるニコライ・バーグマンさん、数々の有名人を手掛ける音楽プロデューサーの大沢伸一さんと、錚々たる顔ぶれだ。

3月1日〜3日の間は、南青山の「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストア」にて、「Singing Nature」を体験できる。期間中は、ニコライ・バーグマン監修による植物公園で、大沢伸一作曲の新楽曲「Photosynthesis #1」を、先端テクノロジーにより植物たちが奏でる。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]