お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

電車で「隣に座るのを避けられてしまう人」の特徴

ファナティック

電車で隣に座られたら嫌な人

朝夕の通勤ラッシュ時に、なんとか席に座ることができたのに、隣の席の人のおかげで嫌な思いをさせられると、すぐに移動したくなってしまうものですよね。そこで今回は、働く女性のみなさんに、電車で隣に座られたら嫌な人について、アンケート調査をしてみました。

くさい人

・「くさい人。ずっとニオイを我慢しないといけないから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「くさい人。生理的に無理なので……」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「くさい人、ニオイは逃げられなくてつらいから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

くさい人が横に来ると、その間中、ずっとそのニオイを耐えなければなりません。席に座っていると、逃げることもできないので、とってもつらいんですよね。さっさと移動したほうが、賢明かもしれません。

太った人

・「太った人。自分がせまくなるしぶつかる可能性もあるから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「太った人。接触面積が多くなるのが邪魔だし、大抵汗っかきなので夏場は特に嫌」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「太った人。足を密着されてかぶれたことがあるから」(23歳/小売店/事務系専門職)

太っている人が横の席だと、自分のスペースも狭くなるだけでなく、密着面が多いのも嫌ですよね。夏場になると、大汗をかいている人も多いので、できれば太った人の横には座りたくないものです。

汗かきな人

・「汗っかきな人。ニオイがきつい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「汗をよくかいている人。クサイのはいや」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「汗かきの太った人。汗をかいている上に太って汗がつきそうだから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

異常に汗っかきな人が隣でも、キツいですよね。夏場はもちろん、冬場の暖房の中でも汗をかいている人はいますので、できれば近くにきてほしくないもの。汗が臭っていると、より耐えられません。

ニオイのきつい人

・「香水などニオイのきつい人。落ち着いて座っていられないから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「香水や柔軟剤の香りがきつい人。気持ち悪くなってくるから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ニオイのきつい人も、できれば近くには座りたくないもの。体臭のする人はもちろん、香水をつけすぎている女性なども、できればご遠慮願いたいと思ってしまうもの。最近は柔軟剤の香りのきついものも多いので、困ったものですよね。

まとめ

電車の中ではめったに座ることができないため、たまに座ることができると、ちょっとしたご褒美のように感じてうれしく思うものです。でも困った人が隣にきてしまうと、一気に残念な気持ちになってしまうのが、悲しいところですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数194件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE